食品分析学研究室 (榎元廣文研究室)

当研究室では、食品の栄養・機能性成分および植物の生理活性物質の解析に、質量分析法を用いて研究しています。質量分析法には、多くの成分の同時測定やノンプローブでのイメージングといった特徴があり、ユニークな食品・植物科学研究が期待できると考えています。
教育面においては、学部生対象の食品科学1や生物資源利用学、食品科学実験など、ならびに大学院修士課程対象の食品分析学を担当しています。また、卒業研究や修論研究では、学生自ら研究経験を積むことで、食に関する専門家の養成をめざしています。

基本情報

教員名・所属 榎元廣文講師 / 理工学部バイオサイエンス学科
専門分野 食品化学、質量分析
研究テーマ 生体分子の質量分析法による解析
研究キーワード 栄養機能性食品成分、植物ホルモン、イメージング質量分析、LC-MS
教員紹介URL

研究紹介

栄養機能性食品成分の局在解析

野菜、果物、畜産物、および水産物中にはさまざまな栄養・機能性成分が含まれていますが、その局在はほとんど明らかになっていません。また、摂取した栄養・機能性成分が生体内でどのように移行するのかもほとんど明らかになっていません。
そこで、本研究では、食品中での栄養・機能性成分の局在、および実験動物の生体内でのこれらの動態を、イメージング質量分析法などを用いて解析しています。

 

植物ホルモンの可視化

植物ホルモンは、植物の生長生理をコントロールする重要な物質であり、外界の環境変化に応じて、その内在量をダイナミックに変化させていることが知られています。しかし、その局在変化についてはほとんど明らかになっていません。
そこで、本研究では、イメージング質量分析法を用いた植物ホルモンの局在可視化に取り組んでいます。

論文発表・学会発表

キーワードで検索