外国語学部
Faculty of Language Studies
  • 八王子キャンパス
外国語学部

語学力とコミュニケーション力を
あわせ持つ、国際社会で
活躍する人材を育成

Movie

グローバル化した現代において、私たちは言語圏や文化圏を越えて、世界的に遍在する問題に対処する能力を持たなくてはなりません。外国語学部の目標は外国語を駆使して国際社会で活動する人材を育成することです。また語学力だけでなく、その言語の使用される国や地域の文化と歴史を学び、異文化に接触する人間のマナーを身につけ、グローバル・シチズンとして国際社会に貢献できる人材の育成を目標とします。

学科Department

外国語学部の特長Feature

実践的な外国語を身につけるための、充実した教育内容と支援体制

教育目的と3つのポリシー

教育目的と3つのポリシー

言語教育を徹底しつつ、その言語圏の文化や社会についても同時に学ぶことで、より高い専門性を習得。さらに、超域的な他地域の文化も有機的に学び、真の国際理解と幅広い視野を養成します。

詳しく見る

外国語学部の教育

外国語学部の教育

基礎科目、専門科目、セミナー(ゼミ)を通し、少人数教育による着実・丁寧な指導を行いながら、自らの意見を述べ、コミュニケーションをはかる力、困難に対処する問題解決能力を養います。

詳しく見る

学習環境・学習支援

学習環境・学習支援

八王子キャンパスにある外国語学部では、メディアライブラリーセンターが利用可能です。少人数制の教室を豊富に用意し、主体的な学習を支援するグループ学習室を備えるなど、快適で実り多い学生生活をバックアップします。

詳しく見る

外国語学部のセミナー(ゼミ)活動

外国語学部のセミナー(ゼミ)活動

外国語を修得するだけでなく、その国の映画や新聞などを題材にして研究することで文化を深く学んだり、各自がテーマを設定し、リサーチをした上で本格的なプレゼンテーションや卒業発表会を行うことを主眼にしています。

詳しく見る

キャリアプログラム

キャリアプログラム

1年次のライフデザイン演習を皮切りに、学部一体となったきめ細かなキャリアプログラムを実施しています。インターンシップでは、合計300の企業・団体を実習先とし、就職活動ではキャリアサポートセンターがサポートを行っています。

詳しく見る

全員留学制度

全員留学制度

2017年度入学者より全員が留学を必須とする「GLOBAL CAMPUS PROGRAM」がスタート。事前に学んだ知識とスキルをフル活用しながら、2年次秋期に世界各地の本学と提携した研修先に全員が飛び立ち留学生活を送ります。

詳しく見る

取得できる資格

取得できる資格

中学校、高等学校の英語の教員免許はもとより、語学以外の分野の資格を取得することも可能です。課外講座をさらに利用して英会話やTOEIC®など語学に関する資格や、将来を見据えて新しい分野の資格にチャレンジすることもできます。

詳しく見る

進路・就職先状況

進路・就職先状況

言語・文化が異なる人びととの対話や交流が求められる流通やサービス業、海外進出を図る商社やメーカーなど、社会の第一線で活躍しています。

詳しく見る

外国語学部の利用施設・設備

外国語学部の利用施設・設備

海外の映画や音楽、初心者用から上級者用までをフォローする教材が豊富です。イギリスでオックスフォード・ケンブリッジ両大学に次ぐ歴史を持つダ名門ダラム大学との連携で開校したダラムキャンパスなど、充実した施設・設備が備わっています。

詳しく見る

学部長からのメッセージ

文学部長 筒井 清忠
外国語学部長
今関 雅夫
IMASEKI Masao

大学での4年間は何よりも自立をめざす時間です。これまでは家族に支えられ、それが大きな助けとなってきたはずですが、これからは自分でさまざまなことをこなしていかなければなりません。もちろん学問にしても自ら学ぶ姿勢が大事で、全てのことを教えてもらえるなどと考えていては、決して身につくものではありません。新しい課題を目の前にして、それをどのように解決するか、その方法を自らの手で発見していくこと、つまり問題解決能力を手に入れることができれば大学生活も有意義なものとなりますし、ひいては実社会で生きていくだけの力も備わっていきます。このような思いで大学生活をしっかり送り、自立を目標に生きていくことを期待します。もちろんそのための手助けは厭いませんが、あくまでも自分が積極的に自立をめざして生きていくことが大切です。