経済学研究科
Graduate School of Economics
  • 八王子キャンパス
  • 宇都宮キャンパス
経済学研究科

広い視野から経済社会の
問題解決に取り組む専門家を育成します

経済学研究科は経済学と経営学の2専攻に加え、2016年に新しく地域経済政策学専攻が設置されました。いずれも経済社会の基礎的学問をより高いレベルで学ぶ場として相互に連携し、広い視野から問題解決に取り組むことのできる専門家の育成をめざしています。21世紀の経済運営と企業経営を担い手として国際的に通用する人材を育成するために、多くの講義を両専攻で開講。さらに主演習・副演習制度の導入など、大学院教育の充実をはかっています。

トピックスTopics

専攻Major

経済学研究科についてAbout

教育目的と3つのポリシー

教育目的と3つのポリシー

グローバリゼーションと高度情報化社会に対応する国際的視野に立つ学術的研究と実学研究を通じて、博士前期課程、博士後期課程を通して、高度の研究能力と豊富な専門知識を養い、より高度な専門職業人と専門研究者の養成を目的とする。

詳しく見る

進路状況

進路状況

税理士事務所や会計事務所など高度な専門知識が要求される現場、またメーカーやフードビジネスなどビジネスの現場といった多様なフィールドにおいて、経済学・経営学で修得した知識・経験を生かし、多くの先輩が活躍しています。

詳しく見る

研究科長からのメッセージ

経済学研究科は経済学と経営学、地域経済政策学の3専攻から成り立っています。経済学・経営学については、より高いレベルで学ぶ場として、相互に連携を保ちながら、広い視野から問題解決に取り組むことのできる人材の養成を目的としています。すなわち21世紀の経済運営と企業経営を担いうる国際的に通用する高度の職業人・専門家の養成です。そのために、広い視野から現実の問題を具体的に分析し、具体的解決策を打ち出せる能力の修得に力を入れます。多くの講義は両専攻で開講され、学生は所属専攻にかかわりなく、広い分野の指導を受けることができます。

たとえば、税理士養成に関わる科目の指導でも、経済学専攻では税法関係の、経営学専攻では簿記会計関係の必要科目を受講し、両者にまたがる幅広い教育指導を行っています。また、幅広い経営・経済的センスが求められるMBAコースでは、経営学・経済学両分野の学びを広く受けることができます。

さらに、両専攻とも演習制度を導入し、教授との直接的コンタクトを持つ大学院教育の充実をはかっています。ただし、演習は所属専攻の中から選択することになります。

国際化された次代を担う学生諸君が学習・研究する場を積極的に提供したいと考えています。

経済研究科長
藤井 隆至