教育目的と3つのポリシー
教育目的と3つのポリシー

教育目的

外国語学部は、建学の精神に則り、母語とは別の言語の修得を目的とする。さらに、その言語が使用される国や地域の文化・歴史・社会を理解し、異文化理解能力を身につけたグローバル・シチズンとして国際社会に貢献できる人材の育成も目的とする。

外国語学部・外国語学科の3つのポリシー

外国語学部は、建学の精神に適う人材を育成するとともに、グローバル・シチズンとして国際社会に貢献できる人材育成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。

  1. 専攻する言語の高い運用能力をもち、個々の問題解決のために、当該言語による言語コミュニケーションができる。
  2. グローバル・シチズンとして多言語運用能力を有する。
  3. グローバル・シチズンとして各国の文化・歴史・社会についての基礎的教養知識を修得し、それを活用することができる。

学位授与に要求される能力を修得するために、外国語学部は、以下のような方針でカリキュラムを編成する。

  1. 実践的な外国語の運用能力を高めるために、読む・書く・聞く・話すの四技能を教える授業をバランス良く配置し、留学に向けて準備させ、また帰国後はそのフォローアップを行う。
  2. 修得を目指す言語が使用される国や地域への理解を深めるため、その国や地域の文化・歴史・社会を学ぶ授業を設置する。
  3. 少人数の演習科目を1年次から4年次にわたって設置し、プレゼンテーションやコミュニケーション能力を高める。

外国語学部は、現代社会の不可欠な国際社会との接触を具体的な個別の外国語の習得を介して、現代の生み出す諸々の問題に対処できる人材の育成を目指しています。
自国語であれ、外国語であれ、言語習得は長い時間と忍耐心を要求するプロセスです。それを楽しめるためには、特別な心性を要求します。さらに異文化・異言語の世界は、好奇心も勇気も必要とする冒険的空間です。言語接触の場は、要するに人柄全体が問われる場であり、高等学校等において履修した国語・英語などの言語能力だけではなく、ある意味では体も体力も大きく物を言う場です。外国語学部の求める学生とは、そうした全体的な人間性を円満に備えた学生です。
高等学校等における上記のような学修を通じて、次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  1. 外国語習得が要求する忍耐力を有する。
  2. 国という形であれ、書物という形であれ、未知なる世界に飛び込んで、楽しめる能力がある。
  3. 人との接触を恐れず、人との接触を楽しめる能力がある。