取得できる資格
取得できる資格

英語教育をはじめ、取得可能な資格はさまざまです

取得できる資格

  • 教員免許 中学校教諭一種(英語)、高等学校教諭一種(英語)
  • 学芸員
  • 図書館司書
  • 司書教諭
  • 社会教育主事任用資格(社会教育士)
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能検定受検資格
  • キャンプインストラクター受験資格
  • 全コース共通
  • 2つ以上の資格(教員免許含む)を取得する場合は4年以上かかることがあります。

(2020年5月現在)

課外講座を利用してめざせる資格

  • 英会話・TOEIC®
  • リテールマーケティング(販売士)検定2級
  • 色彩検定2級
  • 日商簿記検定3級、2級
  • ITパスポート
  • 旅行業務取扱管理者(総合・国内)
  • 宅地建物取引士
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  • 秘書検定2級
  • 公務員試験対策講座
  • 日本漢字能力検定(漢検)

(2019年5月現在)

レベル別のTOEIC®対策講座や日本語教員養成課程を開講

外国語学部では中学・高校の英語の教員免許だけでなく、公務員試験における英語対策などの支援体制を用意しています。また国内外の国際的な企業で指導する組織での日本語教員の養成課程やレベルにあわせた授業を行なう「TOEIC®対策講座」なども開設しています。

レベル別授業による「TOEIC®英語対策講座」

イメージ写真

TOEIC®とは、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。その結果は英語運用能力を表すものとして、企業採用の選考基準などに広く活用されています。本講座は、このTOEIC®の点数アップと同時に、全体的な英語コミュ二ケーション能力の向上を目的としたもので、初級・中級・上級の各クラスを開設しています。一人ひとりの学習到達度に合わせた学習によって、段階的にレベルアップを図れるのが特徴で、講座を受講した学生は着実に点数が上がっています。リスニング、リーディングの両方の問題を解きながら、実用的な語彙や語法の知識を伸ばすとともに、複雑な文章を理解する読解力や自然な会話の中で起きる音の変化についても学びます。

外国語学部から教員をめざす

イメージ写真

日本語教員養成課程
日本国内外の日本語教育機関や海外との取引のある企業への就職、国際的なNGO活動や青年海外協力隊への参加、各地域・学校における日本語教育のボランティア活動への道を開くことを目的としています。この課程は、文部科学省のガイドラインに則り設置されており、規定の単位を修得すると修了証書が発行されます。

イメージ写真

教師への夢応援プログラム
教員採用試験合格をめざす学生を対象に、教職教養、専門教養、小論文、個人面接、実技などについて、各自治体の出題傾向もふまえながら丁寧に指導します。「夢プロ」発足以降、教員採用試験合格者数は着実に増加しており、その成果を表しています。