遺伝子工学研究室 (梶谷正行研究室)

日々の卒業研究指導はもちろん、調べてまとめプレゼンする技を磨くため、毎週定期的に勉強会を開き発表させています。また、学内外での実験教室を担当する事も多く、卒研生にも補助者として参加してもらっています。縁あって研究室に集う1年間に、多くの事に挑戦し、苦楽を共にする場を提供するよう心掛けています。

基本情報

教員名・所属 梶谷正行教授 / 理工学部バイオサイエンス学科
専門分野 遺伝子工学、理科教育
研究テーマ 遺伝子の構造と機能、DNAタイピング、実験教室のプログラム開発
研究キーワード 分子遺伝学、遺伝子工学、理科教育
教員紹介URL

研究紹介

大腸菌HF-Iタンパク質の構造と機能

大腸菌のRNA結合タンパク質であるHF-Iは、最初、ある種のバクテリオファージの増殖に関わる遺伝子として派遣されましたが、大腸菌内でも遺伝子発現の微調整をしているタンパク質です。この遺伝子を部位指定で改変し、変異遺伝子から合成される変異タンパク質の機能を比較検討し、構造と機能の関係を明らかにしようとしています。

DNAタイピングによるトンボの種同定

生物種の分類道程は、形態学的な分離からDNAによる分類に変化しつつあります。身近な昆虫であるトンボの世界も同じで、特にカワトンボの分類はは、ここ十年余りで大きく変化しています。大学周辺で採取できるカワトンボからDNAを採取し、DNAタイピングで種の検証を試みています。

授業で使える簡単な実験系の開発

小中高の現場でも簡単に実施できる科学実験や理科工作の開発に取り組んでいます。身近にある市販の材料を使い、また、異なる単元の題材を組み合わせるなどの工夫を重ね、さらに学内外での実践を通じて改良もしています。(帝京大学サイエンスキャンプ等の案内も併せてご覧ください。)

論文発表

キーワードで検索