帝京大学文化財研究所

人文科学と自然科学が融合した、総合的な文化財研究を進めています

本研究所はシルクロード総合学術センターと文化財科学研究センターの2つの研究センターで構成されており、文化財や文化遺産に関する調査研究、保存修復、文化財科学教育などの活動を行っています。施設は山梨県笛吹市に設置されており、地域を見据えながらグローバルに研究成果を発信しています。

ニュース・トピックス

2018.09.19

学芸員資格取得のための博物館実習を実施しましたNEW

2018.06.14

帝京大学シルクロード学術調査団による2018年度第1次アク・ベシム遺跡調査が終了しましたNEW

2017.06.05

帝京大学シルクロード学術調査団が7世紀後半のものとみられる大量の瓦を発見しましたNEW

2016.07.01

帝京大学シルクロード学術調査団がキルギス共和国アク・ベシム遺跡調査を行いましたNEW

研究所の概要

研究・教育活動の紹介

研究員・職員の紹介

出版物

オリジナルサイト

帝京大学文化財研究所オリジナルサイトでも情報をご案内しています。(別ウインドウでページが開きます。)

キーワードで検索