教職センター
教職センター

教員をめざす学生の総合支援の場

本センターは、教員をめざす学生の総合的なサポートセンターで、個別相談や教員採用試験対策の指導を専門的に行っています。2011年にリニューアルし、施設と設備がより充実しました。さらに、所属する教職員の体制も大幅に見直し、教職経験を持った教員・講師が学生を全力でバックアップしています。

トピックスTopics

教職センターについて

センターの理念


2007年の発足以来、教職をめざす学生・卒業生を人的面、環境面の双方からサポートしてきました。本センターの理念と、センター長からのメッセージをご紹介します。

img_labo_idea_director_1.jpg
センター長 山田 茂利教授

「教育は人なり」と言われるように、学校教育の充実は、教員が高度な専門職としての力を身に付けることが肝要です。特に、「生きる力」の育成や、さまざまな生活指導上の課題に対応するためには、優れた資質能力を備えた魅力ある教員の育成が求められています。そのために、文部科学省は教員養成・採用・研修を通した教員の資質能力の向上を図るための施策を講じるとともに、大学に全学的に教職課程を統括する組織の設置を求めています。

帝京大学ではこのような教員養成の動向を見通し、多くの学生が魅力ある教員として力を付けることのできるよう、すでに2007年に八王子キャンパスに教職センターを設置し、各学部・学科等と密接な協力のもと、教員をめざす在学生・卒業生を総合的にサポートしてきました。そして、現在教職センターは、SORATIO SQUAREの2階に設置され、合わせて9号館4階に教職実践フロアを設けることで、年延べ5000人、月平均400人の学生が教職に関する相談や指導、自主学習を目的に教職センターや教職実践フロアに訪れています。

教職センターでは、主に二つのこと、「教職課程」と「教員採用選考試験」に関するサポートに当たっています。
教職課程についてのサポートでは、教職に係る学力や知識と教育実習等で得た現場での体験を統合した実践的な力にしていくために、「教職履修カルテ」「教育実習」「教科や領域の指導・授業づくり」に関することなどの情報の提供や相談、支援に努めています。
教員採用選考試験に関するサポートでは、選考試験を突破するために、本学独自の教員採用選考試験対策プログラム、「教師への夢 応援プログラム」「中高本気塾」「入職前学習会」などを通して指導・助言に当たっています。また、この教職課程での学びと教員採用選考試験に関する学びを結び付けるための個別の相談や指導も行っています。「教師になるためには、どのような勉強をしなければならないのか」「教員採用選考試験に合格するためには、どのような対応が必要なのか」など、学生の悩みは尽きません。そのような多くの学生に対し、教職センターでは学校現場での経験が豊富なスタッフが、寄り添い、相談にのっています。

教職センターでは、「教師になりたい」という学生の皆さんの思いを実現できるよう全力でサポートに当たります。

概念図

teaching_labo_gaiyo2015.png

メンバー

山田 茂利教授(センター長)
新庄 惠子教授(主任)
橋本 和顕教授
松波 紀幸准教授
佐野 匡准教授
篠原 政一准教授

(2022年4月現在)

学修支援

教職課程におけるカリキュラム相談をはじめとし、教員をめざす人への個別相談や支援を行っています。相談は基本的に予約不要で、開室時間であれば自由に相談に訪れることができます。また、自由に閲覧できる参考資料も多数用意しています。

■教職課程に関する相談 (カリキュラムガイダンス)
教職履修カルテに関すること、教育実習に関すること、教科や領域の指導・学習指導案の書き方といった授業づくりに関することなどの相談を受け付けています。

  • 教職課程の単位取得や教員免許状に関する相談は、教務グループ教職課程窓口が行います。

■教員採用選考試験に関する相談・支援(キャリアガイダンス)
全国の教員採用選考試験に関する受験相談、教員採用選考試験対策に関する相談、出願書類等の添削、小論文や面接に関する指導および添削などを行っています。
また、教職センターの活動記録としてニュースレターを作成しています。
ニュースレター(最新号)
ニュースレター(バックナンバー)

■教育ボランティアに関する届出と相談(ボランティアガイダンス)
教育ボランティアへの参加に関することの相談を受け付けています。

■卒業生で教職をめざしている人の相談・支援
科目等履修生を含め、卒業後も教職をめざしている人の相談の受付、サポートを行っています。

教員採用選考試験の情報提供

■教員採用に関する情報・資料提供
各教育委員会から寄せられた募集要項や、資料の提供を行っています。

■資料の閲覧・貸出について
教職関係図書や資料は、開室時間内であればセンター内において、自由に閲覧できます。
図書・資料の貸し出しは行いません。ただし、コピーのための短時間の貸し出しは、学生証と引き換えで行います。

■教師への夢 応援プログラム(教員採用選考試験対策プロジェクト)
「教師への夢 応援プログラム」とは、教員をめざす学生の希望者に対し教員採用選考試験対策を行うプログラムです。
教員採用選考試験に合格した多くの学生がこのプログラムに参加しています。

受講対象 小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の教員を志す学生
実施内容 一般教養、教職教養、専門教養、論作文、面接などの教員採用選考試験にかかわる指導を行います。1次試験合格者には、2次試験対策講座も実施します。

グループ
自主学習

自主学習グループを作り、筆記試験や面接試験の対策・模擬授業の練習などを行い、グループ内で互いに切磋琢磨して学習します。グループごとに指導教員が指導に当たります。

■中高本気塾(中高教員養成プロジェクト)
「中高本気塾」とは、中学校・高等学校の教員をめざす学生に特化して専門教養の学習を中心に支援するプロジェクトです。
毎月全体会を開き、学習の進め方や模擬試験、論作文指導を行います。また、自主学習会の指導・助言を行っています。

受講対象 中学校・高等学校の教員を志す学生
本学独自の教員採用選考試験対策プログラム

■東京教師養成塾生へのサポート
東京都教育委員会では、高い志を持った教員を学生の段階から養成するために、「東京教師養成塾」を開塾し、本学学生も参加しています。年間を通じて教育実習や特別選考対策などの塾生のサポートを行っています。

■教員採用選考試験合格者もサポート「入職前学習会」を実施
教員採用選考試験に合格した学生を対象に、教員になってからの新たな生活、始業式や学級開き、授業の準備など、赴任に当たっての不安や課題を解消し、自信を持って教師生活がスタートできるよう実践的な内容の学習会を実施しています。

学校現場で役立つ実践力を身につけるためのトレーニングスペースです。2021年11月のリニューアルで、実際の小学校・中学校の教室の広さや設備をリアルに再現した模擬授業室のほか、授業風景をモニタリングができるサポート室や多目的学習スペースを整備しました。また、常駐する教員による相談対応や教員採用選考試験対策のための模擬面接スペースなど手厚いサポートを整えています。

場所:八王子キャンパス9号館4階
開室時間:平日9:00~17:00

■模擬授業室
小学校・中学校の教室の広さを再現し、机やイスのみならず実際の学校で使用されているロッカー、掃除⽤具入れなどを備えています。電子黒板のほかタブレット端末やスマートフォンをクリッカーとして使用できる設備を設けGIGAスクール構想に対応しています。また、模擬授業の様⼦を2台のカメラで撮影し、リアルタイムでモニタリングすることができます。録画したデータを持ち帰り、振り返り学習に活用することができます。

■多目的学習スペース「T-BASE」
常駐する教員が教職にかかわる具体的な相談や個別指導を行います。また教材作成エリアや学生同士で勉強や語り合いができるミーティングエリア、個別学習エリアなどがある多目的なオープンスペースです。
Tは「TEIKYO」「Teacher」 「Training」「Team」のTを表し、BASEには不安なことがあってもいつでも教員に相談し仲間たちと語り合うことのできる場所、という思いが込められています。

教職実践フロア01
教職実践フロア02
教職実践フロア03
教職実践フロア04
教職実践フロア05
教職実践フロア06
教職実践フロア07
教職実践フロア08
教職実践フロア09

教員採用試験合格者インタビュー

教職センターデジタルパンフレット

交通アクセス

八王子キャンパス・ソラティオスクエア2Fに設置されています。同キャンパスは教育学部を含む文系学部を中心とした学生が学習・研究を日々行っており、休み時間や授業の前後に訪れやすい場所に設置されています。

帝京大学教職センター
〒192-0395 東京都八王子市大塚359
八王子キャンパス SORATIO SQUARE(ソラティオ スクエア) 2F
【開室時間】 平日 9:00~17:00、土曜 9:00~12:30

  • 開室時間内には、各種相談を受け付けます。また、資料の閲覧は自由に行えます。

お問い合わせ

帝京大学教職センター