Teikyo University Mental Health Center
Teikyo University Mental Health Center

"Mental expert"
We accept consultations from various people

帝京大学心理臨床センターは、地域社会におけるメンタルケアを目的として、八王子キャンパスに開かれたこころの相談窓口です。環境やライフスタイルの変化から心の問題が多く取り上げられるようになった近年、性別・年齢には関係なく、子どもの成長や対人関係など、さまざまな問題の相談に応じています。

心理臨床センターについて

心理臨床センターオリジナルサイト

Center philosophy

Teikyo University Mental Health Center

本センターは、地域社会における住民のみなさまにメンタルケアの面でお役にたちたいと考えています。また、臨床心理学を学ぶ大学院生を育成することも重要な目標の一つです。そのため、臨床心理士の資格を持つ教員の指導の下、訓練を受けた大学院生もカウンセリングを担当しています。また場合によっては、より適切と思われる医療機関など、他の相談機関をご紹介することもあります。街や暮らしを豊かにするのは人間のこころです。地域に開かれたこころの相談窓口として、教員と学生が一丸となって一人ひとりのこころの問題と丁寧に向き合っています。

Message from the Head of Center

Head of Center Takuro Motonaga Professor
Head of Center
Professor Takuro Motonaga

I always have troubles in my life. Sometimes there is a great deal of suffering that I cannot handle on my own. There are times when I can't help but talk about my little anxiety. We listen carefully to the voice of your heart. Depending on your worries, you may not be able to express it well. Even at such times, we will share our time slowly. Incorporate play, create a garden, and draw pictures to listen to the unspeakable screams of the heart.
The deeper your worries, the longer it will take to heal. Sometimes you may be overwhelmed by despair and get stuck. Even in such a case, we will find hope and wait for the moment when our hearts relax and support us. We have prepared a counseling room and a play room so that you can spend a relaxing time. It is an atmosphere where blue is the keynote and the heart rests. Please use freely.

設立の経緯

こころのケアは時代とともに進化を続けています。2001年、本学大学院文学研究科に臨床心理学専攻の立ち上げと共に設立したのが、帝京大学心理臨床センターです。本センター設立にいたる大きなきっかけとなったのが、1995年に始まった公立中学校へのスクールカウンセラーのモデル配置です。臨床心理を身近に経験した学生が増え、職業や学問としての関心が一気に高まったこともあり、資格審査規定の改定が進められました。
また近年では、学校や職場でもコミュニケーション能力を重視されることが多くなり、人との社会的な意思疎通が苦手なために社会から受け入れられないなど、こころのサポートへのニーズ拡大はとどまることを知りません。本センターでは、精神分析学や発達心理学、コミュニティ心理学など、さまざまな分野の専門スタッフの下、多角的なカウンセリングのアプローチを図っています。
心理臨床の理論・技法およびその実践に関する教育と研究を目的とし、臨床心理士の資格取得をめざすうえでも重要な実習環境が整っています。

Main activities

It is expected that the field of clinical psychology will become more and more active in society in the future. At this center, we are working to foster mental specialists who can respond to a wide range of needs and contribute to the local community by cooperating with the hospital attached to the Faculty of School of Medicine, community medicine and facilities for the elderly. Experts are actively involved with the outside world to open up new possibilities for clinical psychology.

帝京大学心理臨床センター プレイルーム
帝京大学心理臨床センター プレイルーム
  • Training / education / training of psychotherapists
  • Academic research on clinical psychology
  • Collaborative activities with various institutions related to the university
  • Psychological clinical activity
  • Collaboration and enlightenment activities with local communities
  • Other businesses deemed necessary to achieve the purpose of the center

 

Main activity results / reports

  • Psychological support for children and child-rearing is provided in collaboration with local kindergartens.
  • In collaboration with Tama City, we are entrusted with holding seminars that include lectures using collages as mental care for caregivers.
  • We are entrusted with a traveling consultation centered on nursery centers in collaboration with the childcare section and childcare support section of local governments.

相談を希望される方は、まずはお電話にてご予約ください。
相談に関するさらに詳しい情報は、当センターオリジナルサイトでご案内しています。

Access

心理臨床センターは、帝京大学八王子キャンパス内に設置されています。
〒192-0352 東京都八王子市大塚219-2
TEL:042-670-1631(受付時間:月、水、木、土 10:00~17:00 ※火、金は留守電対応)

Transportation access to Hachioji Campus