帝京大学女性医師・研究者支援センター

女性医師・研究者のキャリア形成を支援します

帝京大学女性医師・研究者支援センター(Teikyo University Support Center for Women Physicians and Researchers)は、女性医師・研究者が潜在能力を最大限に引き出し、社会的役割と両立させながら質の高い研究活動を生涯にわたって行えるよう、サポートしています。

ニュース・トピックス

2018.08.01

「ニュースレター vol.12」を発行しました(PDF)NEW

2018.08.01

【研究支援員配置制度】下期(10~3月)配置申請を受付中です(8月31日まで)NEW

2018.07.11

【まもなく開始】「研究支援員」 2018年度下期(10~3月) 申請期間は8月1日~31日ですNEW

2018.06.28

【ベビーシッター割引券発行事業】:2018年(平成30年)度申請受付を開始しましたNEW

2018.05.29

2018年7月5日(木)「学生による海外留学報告会 /公衆衛生学研究医・WHOインターン説明会」を開催します【イベント情報】(PDF)NEW

Close-Up

冲永寛子センター長がハーバード大学で講演を行いました

2017年9月15日(金)、ハーバード大学(アメリカ・ボストン)で行われた「The Advancing Women in Public Health & Medicineシンポジウム」にて、帝京大学女性医師・研究者支援センター長 冲永寛子、帝京大学専門職大学院公衆衛生学研究科准教授 井上まり子、前室長で現在は秋田大学医学部公衆衛生学講座教授 野村恭子氏が講演を行いました。冲永センター長は、基調講演として「Promotion of Diversity Management at Teikyo University」と題し、日本の男女共同参画の現状と本学女性医師・研究者支援の取り組みについて話しました。

子育て・介護中の女性教職員を支援する取組

女性研究者の研究継続や仕事と育児の両立を支援します

センターの概要

メンバー紹介

各種プログラム

研究・活動の紹介

イベント情報

刊行物

関連サイト

パンフレット・ニュースレターの紹介

帝京大学女性医師・研究者支援センターについて

相談窓口

キーワードで検索