染色体構築制御研究室 (高山優子研究室)

当研究室では、「染色体がどのようなメカニズムで安定に維持されているのか?」という研究をしています。染色体の重要な構成成分であるヒストンとヒストンバリアントのCENP-Aに注目しています。私たちはこれまでに分裂酵母のヒストン転写制御因子を見出しており、現在その分子の機能解明を進めています。さらに、これまで報告がないヒストンバリアントの転写制御についての研究も始めています。研究室は、基本的に平日は9時から5時まで毎日実験をしています。卒業研究を通して、問題解決力や論理的なものの考え方ができるようになることを期待しています。少しでも、研究が楽しいと思ってくれたらうれしいです。

基本情報

教員名・所属 高山優子講師 / 理工学部バイオサイエンス学科
専門分野 分子細胞生物学
研究テーマ ヒストン転写制御の分子解析、染色体分配メカニズムの解明
研究キーワード 染色体、酵母、セントロメア、ヒストン
教員紹介URL

研究紹介

染色体構築原理の解明

分裂酵母を研究材料に、染色体構築過程をヒストンの転写からのアプローチで研究しています。

 

論文発表・学会発表

キーワードで検索