福島県地域医療医師確保修学資金

福島県地域医療医師確保修学資金貸与制度は、県内における医師を確保するため、将来、福島県の地域医療に貢献したいと考えている福島県内の高校出身者で、推薦入試に合格し入学した本学医学部1年生に対して、正規の在学期間の範囲、福島県が修学資金を貸与するものです。(福島県の奨学金に加え、入学後、帝京大学地域医療医師確保奨学金へ申し込みすることも可能です。)

※文部科学省へ臨時定員増を認可申請予定

対象者

帝京大学医学部推薦入試(福島県特別入試枠)で入学し、卒業後、福島県内の公的医療機関等に医師として勤務することを誓約できる者。

募集定員

2名

貸与金額

【修学資金】月額 235,000円(予定)

【入学金に相当する額】 1,000,000円(上限)

※入学金に相当する額は入学時の一時金(希望者のみ)として、100万円を上限として貸与します。

貸与期間

正規の修学年限に相当する期間(6年間)(休学または停学の処分を受けた期間および留年した期間は、修学資金の貸与は行いません。)

※修学資金の貸与は、貸与決定後開始し、貸与決定月以前の修学資金については遡及して貸与します。

※入学金に相当する額は、修学資金月額の初回貸与時に加算して貸与します。

返還免除の条件

大学卒業後、2年以内に医師となり、直ちに福島県知事が指定する福島県内の病院において臨床研修に従事し、その後決められた期間、福島県内の公的医療機関勤務等に従事した場合は、修学資金の返還が免除されます。

返還免除などの詳細については、県のホームページをご参照ください。

(2019年6月現在)

キーワードで検索