宇都宮キャンパスの教職課程の特色
宇都宮キャンパスの教職課程の特色

確かな力量を持った教師の育成をめざしています

教職課程における宇都宮キャンパスの活動をご紹介します。教員同士の連携により、学部の専門科目とのつながりも意識した活動を展開しています。

確かな力量を持った教師を育成

確かな力量を持った教師を育成

宇都宮キャンパスは、理工学部・医療技術学部柔道整復学科・経済学部地域経済学科があり、理系、医療系、文系の学生が1つのキャンパスで学んでいます。ここでは、学部学科の系統に関わらず、これからの知識基盤社会の下で育つ生徒を指導できる教育の専門家としての確かな力量を持った教師を育成することをめざしています。

WEB方式の教職履修カルテ

宇都宮キャンパスでは、教職課程を履修する学生に履修履歴の把握および「教職実践演習」のために電子化した「教職課程履修カルテ」を準備し、記載を義務づけています。学生は、定められた期間に教職課程科目の履修状況、成績、学びの状況のふり返りを専用のホームページから記載します。担当教員はこのシステムを活用し、学生の学びの状況を把握するとともに、指導に役立てています。

系統的な読書指導

系統的な読書指導

幅広い情報の取得と情報の発信を学ぶために、教養と専門の両方を視野に入れた系統的な読書指導を行い、図書館を利用して自学自習を行うことを奨励しています。

教員間の連携

学生への指導を効果的かつ組織的に行うため、教職科目担当教員と専門科目担当教員の連携協力を促進し、学生の教員としての資質能力を高めるべく授業内容の検討をしています。

教員採用試験合格者インタビュー

合格した自治体:広島県教員採用試験合格(保健体育)

Q1. 教員をめざしたきっかけを教えてください。

コミュニケーションをとることが苦手な生徒に、体育で運動することを通してコミュニケーションをとることの楽しさや運動すること自体の楽しさや喜びを味わうことができるような手助けがしたいと思ったからです。

Q2. 入学後、教員になるために取り組んだことを教えてください。

まず、柔道整復師国家試験に向けた勉強と、教員になるための勉強を両立できるよう計画をたてました。また、アルバイトやサークルを通してたくさんの人とかかわり、いろいろな考え方や価値観に触れることで自分の考えの幅が広がりました。ほかにも、現役教員の方の講演会に参加し、今の教育現場の状況や実際に行われている指導法などを積極的に学びました。

Q3. 教員採用試験の対策を教えてください。

過去問を解き、わからない点があったら教職の先生方に教えていただきながら勉強を進めました。また、広島県ではどのようなことに力を入れているのかを県の教育委員会のホームページを調べ、母校の先生方にも聞きながら県の特徴をおさえ、面接に備えました。

Q4. 教育実習で学んだことを教えてください。

生徒たちに伝えたいことを簡潔に伝える能力の重要性と、メリハリをつけることの大切さを学びました。体育の授業では生徒たちが体を動かす時間を少しでも多くとるため、簡潔にまとめて伝えることが重要だと実感しました。また、休憩時間の気持ちのまま授業に入ると怪我につながりかねません。なので、メリハリをつけて安全に楽しく授業を進めることが大切だと思います。

Q5. めざす教員像を教えてください。

生徒たちが「早く学校に行きたい」「友達と話したり先生の授業を受けることが楽しみだ」と思ってもらえるような教員になりたいです。そのためには、生徒が楽しみながら学ぶことができる授業を考え、実践し、それを振り返りながら次につなげていくことが大切だと思います。生徒と一緒に成長する教員になりたいです。

Q6. 教員をめざす学生にアドバイスをお願いします。

自分たちの学部学科の勉強をしながら教員をめざすことは大変だと思います。私も何度も大変だと思いましたが、4年次に教育実習に行った際、生徒たちと一緒に過ごしていくなかで、生徒たちが笑っている顔を見ると「また頑張ろう」と前向きな気持ちになり、教員になりたい思いが強くなりました。このような経験ができたのも、毎日コツコツとがんばってきたからだと思います。皆さんも今の努力は必ずいい経験につながると思うので頑張ってほしいと思います。

合格した自治体:埼玉県教員採用試験合格(理科)

Q1. 教員をめざしたきっかけを教えてください。

昔から学校が好きで学校で働くことができたら楽しいだろうな、と思ったことが教員をめざしたきっかけです。帝京大学に入学してから、教職課程での授業や塾でのアルバイト、教育ボランティアなどのいろいろな経験を通して、これから出会う子どもたちに、科学のおもしろさを伝えられる教員になりたいと改めて感じるようになり、本格的に教員になることを志しました。

Q2. 入学後、教員になるために取り組んだことを教えてください。

取り組んだことの中で最も大切だったと思ったことは、たくさんの本を読むということです。もともと本を読むことが好きではなかったのですが、大学に入学してからは毎日本を読むように心がけました。やはり、教員になるからには幅広い知識や教養が必要だと考えたからです。結果的に、毎日本を読むようになってから、知識はもちろん思考力も身についたように感じます。そして、今では読書が一番の趣味になりました。

Q3. 教員採用試験の対策を教えてください。

2年生の冬頃から1次試験の対策を始めました。そこから、専門教養(理科)で9割、一般・教職教養で8割の点数を目標に計画的に勉強しました。1次試験は傾向を分析して、徹底的に対策する、これにつきます。二次試験に対しては対策も大切ですが、日頃から自分の教育観を磨くことや教育問題について自分の意見を持つことが大切だと思います。僕は週に一度、教職課程の友人や大学の先生たちと教育について考える場がありました。そこで自分の教育観が磨かれたと思います。

Q4. 教育実習で学んだことを教えてください。

生徒とコミュニケーションをとることの大切さを学びました。なぜなら、生徒とのコミュニケーションを取るか取らないかで、生徒の反応が全く異なるからです。その差が顕著に表れたのが授業です。あまり生徒と話せていない1回目の授業より、生徒との距離が近くなった最後の授業の方が生徒のリアクションがよかったと感じました。教員は普段の生活の中で、いかに生徒との信頼関係を築くかが大切なのだと学びました。

Q5. めざす教員像を教えてください。

科学のおもしろさを伝えるために、生徒と一緒に楽しみながら授業を展開できる教員です。なぜなら、教員自身が科学を楽しむことで、生徒にも楽しさが伝染すると考えるからです。そして、正しい判断ができる教員です。生徒が羽目を外したときは叱ることができ、楽しいときには一緒に笑い、自分が間違ったことをしてしまったときは生徒に謝ることができるような、人間として正しい判断ができる教員になりたいと思います。

Q6. 教員をめざす学生にアドバイスをお願いします。

いろいろな人とふれあい、「人間を知る」ことが大切だと思います。たくさん遊んだり、アルバイトをしたり、ボランティア活動をしたり、学習会を開いたりといろいろな方向から人とふれあうことが大切です。たくさんの人と話すことで、自分にはない考えや違う価値観を知ることができます。最終的には、それらの価値観から自分という人間を知ることが教員としての力を高めることにつながるのではないでしょうか。大学生の時間を存分に使い、すばらしい教員になってください。