福岡キャンパスのキャリア支援
福岡キャンパスのキャリア支援

徹底した国家試験対策と一人ひとりにあった就職活動のサポートを行っています

学生支援センター(福岡キャンパス)

福岡医療技術学部 理学療法学科長・作業療法学科長代行 福田 猛教授
就職委員会 委員長
福岡医療技術学部
理学療法学科長
作業療法学科長代行
福田 猛教授

医療を取り巻く社会環境は、少子高齢化の進行、医療技術の進歩により刻々と変化しています。その中で、超高齢社会が急速に進む日本は、認知症やうつ病といった精神疾患など、さまざまな疾病への対応を担う医療関連職種の拡充が急務です。福岡キャンパスでは、次世代を担うべき医療人を輩出するため、国家試験対策を重要なキャリア支援と位置づけ、特別講義の実施などきめ細かな指導を行っています。さらに、国家試験対策以外のキャリア支援においても、地域のネットワークや卒業生との連携に基づいた有益な求人情報を提供するだけでなく、教職員が緊密に連携し、各学科のニーズに沿ったキャリア支援講座の実施や、学生一人ひとりと向き合い、就職活動に関する相談に随時対応するなど、充実したサポート体制を整えています。

キャリアサポートの特長

国家試験対策

教員が作成する各種模擬試験で、それぞれの段階での学力水準と苦手分野を把握し、きめ細かな指導でサポートを行っています。また、補習や特別講義で基礎から応用までの知識の定着を図るほか、少人数によるグループ学習により学生が相互に教え合うことでさらなる知識の定着を図り、合格へと導きます。

臨床実習や就職先への充実したネットワーク

地域との共存をテーマとする福岡キャンパスでは、低年次より段階的に臨床実習・臨地実習を開始。地元医師会やOB・OGをはじめとした協力体制のもと、実践的な知識と技術が習得できる実習先を確保しています。また、学生から進路希望先に関する質問があった場合は、担任自らが情報を収集し、現場の空気を伝えています。

医療人としての心を育てる教育方針

福岡キャンパスの大きな特徴は、学生たちの明るいあいさつです。日進月歩の医療現場で生涯にわたって活躍するためには、常に患者さんを第一に考え、信頼される人間であることが何より大切です。全ての教員は、医療人としての人格形成にも重点を置き、あいさつや生活態度まで心温かく学生を指導しています。

個別相談

就職委員を含めた教職員が緊密に連携し、履歴書・エントリーシートの添削指導や、学生からの就職相談に随時対応しているほか、個別相談の実施など充実したサポート体制を構築しています。

キャリアデザインの流れ

 

キャリアデザインの流れ

  •  
  • 毎年度の状況に応じた講座同士の統合や、講座の増減などの変更の可能性もあります。

(2021年5月現在)