一般事業主行動計画

教職員の仕事と生活のバランス・調和を大切にします

教職員の一人ひとりが仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定しています。

計画期間

2014年9月1日~2017年3月31日までの2年7カ月間

内容

目標1. 男女共同参画推進に対する教職員の意識向上・啓発を行う。

【対策】

●2014年9月~

ホームページ、女性医師・研究者支援センターリーフレット、ニューズレター等を通じて、男女共同参画についての各種情報の提供を行う。

●2014年9月~

教職員対象に男女共同参画についてのシンポジウム・セミナーを実施し、理解を深める。

 

目標2. 妊娠・出産・育児に関する諸制度の周知・情報提供を行う。

【対策】

●2014年9月~

妊娠・出産・育児に関する諸制度の情報を入手しやすいようホームページを充実させ、女性医師・研究者支援センターリーフレット、ニューズレター等で周知する。

 

目標3. 計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準以上にする。

男性教職員・・・計画期間中に3人以上取得すること。

女性教職員・・・取得率をひきつづき80%以上にすること。

【対策】

●2014年9月~

男性教職員も育児休業を取得できることを書面により教職員へ周知する。

産前産後休業を取得する女性教職員に対して育児休業制度の内容を個別に説明をする。

 

目標4. ベビーシッターサービスを利用しやすい環境を整える。

【対策】

●2014年9月~

こども未来財団「ベビーシッター育成支援事業」の導入を検討する。

キーワードで検索