社会貢献 社会貢献

地域や国と共に学び、常に成長する大学であり続けます

専門知識を修得する場であることはもちろん、常に地域や企業、ほかの学修機関と連携しながら、風通しの良いキャンパスであり続けるために、本学が行う社会貢献、地域連携についてご紹介します。

社会貢献のお知らせ

2017.04.21

帝京大学駅伝競走部が盲人マラソン強化合宿に参加しましたNEW

2016.12.27

帝京大学空手道部香川監督が空手を通した国際親善交流を図りましたNEW

「学びは、国内外の社会で生きていくためのパワーです」

社会貢献

本学で学ぶことはすべて、社会や地域と結びついています。「医療」、「教育」、「社会科学」、どれも私たちが多様な社会の中で生きていくためのパワーとなるものです。

まず医療分野では、少子高齢化社会に向け、国内外で活躍する人材を送り出したり、高い技術力を誇る日本が世界へ貢献している事例を世の中に発信しています。また教育分野では、教職大学院を設け、更に教員養成課程を学部として独立させ、学問的知見を深めるとともに、これを応用できる未来の人材を育てています。さらに社会科学分野では、日本でも類を見ない大規模なゼミを多数開講しており、教職員や在学生とふれあいながら、人間力を磨く機会を広く提供しています。

ほかにも、たとえばスポーツを通じて学生と子どもたちとが触れ合う場では、地域への社会貢献と同時に、学生たち自身にとっても感じたり学んだりすることがたくさんあるはずです。こういった社会貢献を継続していくことで、地域や国と共に学び、常に成長する大学でありたいと考えています。

理事長・学長 冲永 佳史

産学官連携

医療拠点の紹介

地域連携

高大連携

スポーツを通じた社会貢献

キーワードで検索