日本文化学科
  • 八王子キャンパス
文学部 日本文化学科

日本文化の本質を理解し、
世界に発信できる人材を育成します

Movie

社会、思想、芸術、大衆文化など、いま世界中で日本の文化への関心が高まっています。日本文化学科では、多彩な文化に精通した教員陣の指導と独自のカリキュラムにより、日本文化の本質に多方面からアプローチ。日本文化に関する幅広い知識と、高度な日本語能力、そして文化を世界に伝えることができる国際的視野を備えた人材を育成します。

日本文化学科 Close-UP

日本語の歴史

変化する言葉について学び、日本文化を分析する
犬の鳴き声『ワンワン』は、昔の人は『ビョウビョウ』などと表現していました。身近な言葉の移り変わりや現代の若者言葉、そして方言などをきっかけとして、日本語の歴史や日本文化を探っていく授業「日本語の歴史」。無意識に使っている言葉のなかに日本文化の分析につながる深い意味があることを理解し、学んだ知識を使って考える力、説明する力を身につけます。

カリキュラム

1、2年次は少人数教育によるプレゼンテーション・表現・コミュニケーション能力を養成するとともに、日本文化に ついての基礎的な内容、広範囲かつ多様な知識を取得していきます。3、4年次では主体的かつ積極的に研究を進め、卒論に取り組みます。将来は、国語・社会・地理歴史や書道の教員、博物館の学芸員や図書館司書、出版やマスコミなど、さまざまな進路が開かれています。

シラバス

日本文化学科のシラバス

授業紹介

日本文化演習 日本語学
「現代日本語分析(文法・意味・略語・翻訳・外来語)」「方言」「(狂言台本・キリシタン資料・江戸語資料を用いた)過去の日本語分析」「マンガやアニメのキャラクターたちが使用する言葉や文字」「花魁言葉」「命名」「効果的なプレゼンテーション」。これらは授業で実際に学生たちが発表したテーマの一部です。授業では、日本語をさまざまな視点から観察し、研究発表を行っています。前期は各時代の言語資料を用いながら、言語研究の仕方について学んでいます。後期は各自が興味を持ったテーマについて分析を進めています。

日本文化演習 古典文学
上代から中世あたりまでの古典文学作品の中から、ゼミ生自身が興味を持った作品を選んで研究しています。辞書や注釈書、参考文献の扱い方など古典文学を研究するうえでの基本的な技術について学びながら、さらに先行研究を批判的に読み込むことを通して自らの問題意識を明確にしていきます。学生の発表では自ら新たな問題を立てて調査し、結果を論理的に報告することをめざして、参加者全員と問題意識を共有しながら互いに切磋琢磨しています。

成績評価と単位認定

成績評価

GPA制度について

GPA(Grade Point Average)制度の導入の趣旨は、1. キャンパスとして統一した基準を作成すること、2. 公平性に優れた基準であること、3. 国際的に通用する基準であることとし、学修の成果をGPAという客観的な数値で評価するものです。またこの制度は、欧米の大学で採用されている成績評価制度に概ね準拠しており、海外留学、海外の大学院進学、外資系企業への就職などの際に学力を証明する指標として、海外でも通用する成績評価制度となっています。

成績などの表示および成績評価基準

区分 評価 GPA 成績評価基準 評価内容 英文内容
合格 S 4.0 90点以上 特に優れた成績を表します Excellent
A 3.0 80点台 優れた成績を表します Good
B 2.0 70点台 妥当と認められる成績を表します Satisfactory
C 1.0 60点台 合格と認められる最低限の成績を表します Pass
不合格 D 0.0 60点未満 合格と認められる最低限の成績に達していないことを表します。また、授業等の出席日数不足および当該授業における試験の未受験等も含みます Failure
対象外 N - - 編入や留学等により他大学等で修得した科目を本学の単位として認定したことを表します(単位認定科目) Credits Transferred

GPAの算出方法

GPAの算出方法

単位認定

  1. 履修登録をします。ポータルサイトを利用しWeb上で履修登録を行い、履修確認もしっかり行います。前期・後期、それぞれに行う必要があります。
  2. 授業に出席します。授業は前期・後期ともに15回です。
    通常、2単位の授業科目は、毎回の授業(90分)出席に加え、予習・復習の学習時間(各2時間程度)をもって校正されています。単位を修得するためには、すべて(初回から15回目まで)の授業出席は当然のことながら、予習・復習により理解を深める必要があります。
  3. 科目によって試験を受けることや、レポートを提出することがあります。(評価方法は担当教員によって異なります)
  4. S・A・B・Cの評価がついた場合は、合格となり、単位を修得したことになります。なお、D評価の場合は不合格となり、単位を修得できていないということになります。必修科目でD評価となると、翌年度以降再履修しなければなりません。
    また、単位を修得した科目は、再度履修することはできません。
  5. 学業成績について
    • 学業成績は、学期末の試験(筆記試験・口述試験・実技試験またはレポート)によってこれを評価しますが、授業科目によっては、教室における授業時間中の小テスト・レポート・平素の出席・学修状況等を平常点として加味して評価する場合や、平常点だけで評価する場合もあります。
    • 学業成績は成績表に評価のみ記載して交付します。
    • 1度合格した科目については取り消すことや、再履修することはできません。
    • 成績表はセメスター毎にポータルサイトにて発表します。
    • 成績発表後、試験を受験(レポート提出)したにもかかわらず評価がないなど、成績について質問がある場合には、次のセメスターのはじめに(原則1週目の授業まで)、登校して教員に直接問い合わせてください。教員が退職して問い合わせができない時は教務グループ窓口にその旨を申し出てください。

卒業に必要な最低単位数 (2022年度入学生)

科目の種類 必修・選択の別 所要単位数
総合基礎科目(※2) 選択 12(※1)
英語科目 英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 必修 各1単位 4
専門科目 専門教育科目(※2) 必修 24 74

選択必修
(※3)

演習A 4
演習B 4
選択 42
共通選択科目
  • 専門教育科目74単位の超過単位
  • 言語教養科目
  • 自己啓発支援科目
  • オープン科目
  • 総合基礎科目の超過単位
選択 34
合計 124
  • ※1総合基礎科目の修得単位が12単位を超えた場合は、超過修得単位のうち8単位までは共通選択科目として認定されます。
  • ※2教職・学芸員各課程科目の単位については、専門教育科目または総合基礎科目の単位に含まれるものがあります。
  • ※3選択必修科目の超過修得単位は選択科目の単位に算入されます。