心理学科の施設・設備
心理学科の施設・設備

充実した実験室や設備、帝京大学グループのネットワークのもとで実践的に学びます

心理学科では、「認知科学実験室」「社会行動実験室」「行動観察分析室」「カウンセリング心理検査実習室」など、実践的に学ぶための充実した設備を完備しています。さらに大学院の研修機関である心理臨床センターや八王子キャンパス内にある帝京大学幼稚園の協力も得て、体験型の授業を展開しています。

認知科学実験室

国内屈指の防音暗室11室では、人間の知覚・認知や社会行動を検討することができます。その他、脳機能計測室・視線計測やバーチャルリアリティ実験が可能な施設を完備しています。

社会行動実験室

コンピュータの通信を介して参加者同士で相互作用をすることができます。集団での人間行動を調べるのに適しています。

プレイルーム・行動観察分析室

プレイルームは、子どもや大人の行動を観察するため、幅広い年齢帯に合わせた玩具や様々な角度から撮影できる機器を備えており、隣室の行動観察分析室では、録画・録音・編集・分析が可能です。

カウンセリング心理検査実習室

カウンセリングの実習や、心理検査の実習を行うための部屋です。本学ではさまざまなバッググラウンドの教員がおり、多様な視点で実習の指導を行っております。

関連施設

心理臨床センター

大学院の研修機関。対人関係、育児、学習などさまざまな心理的問題に関して、カウンセリングや検査、コンサルテーションなど、地域住民の方に対し心のサポートを行っています。臨床心理学を専門とする大学教員と大学院生などがカウンセリングを担当します。

帝京大学幼稚園

八王子キャンパス内にある帝京大学幼稚園では、幼稚園の協力のもと、心理学科の特殊実験演習科目のひとつである園児の「遊びの観察」や、大学院で取り組む保育の場での園児の支援など、実際に園児と触れ合いながら学ぶさまざまな体験型授業を通して、人として育つということについて実践的に学びます。