史学科

  • 八王子キャンパス

歴史を体系的に理解し、現代社会の動静について論理的に考察する力を養います

歴史を知ることは、未来を知ることにつながります。文学部史学科では、史学を専門的に学ぶ6つのコースにおいて、歴史事象を客観的かつ体系的に理解し、その専門知識をもとに現代世界の動静を歴史的・論理的に考察する能力を養います。また、時代のニーズに応えるユニークな科目で実践的な教養を身につけます。

史学科 Close-UP

「2015年、美術史・文化遺産コースを新設」

2015年、美術史・文化遺産コースを新設

美術品をはじめとして、遺跡、行事や芸能、景観や町並みからファッションなど、2015年に開設された美術史・文化遺産コースは、あらゆる文化遺産全般について幅広く学ぶコースです。単なる知識の修得にとどまらず、主体的な研究姿勢や問題意識を養いながら、文化遺産の見学や作品の観察、理化学的な機器を用いた測定などを通して、文化遺産の保存や活用について実践的に学んでいきます。卒業後は美術館や博物館の学芸員のほか、専門的知識を生かした観光分野での活躍などの道が開かれています。

授業紹介

カリキュラムのしくみ

コース紹介

卒業研究

成績評価と単位認定

教員紹介

史学科の教員をご紹介します。

シラバス(Web講義概要)

史学科のシラバス(Web授業概要)についてご紹介します。

キーワードで検索