法学部の教育

実学を通じて法律の基礎知識から高度な専門知識までを身につけます

基本三法を重視した授業に加え、専門性の高い科目を進路に合わせて選択できる「公務員コース」「経営法務コース」「法曹コース」の3つのコースを用意。各コースはベテラン教員を擁しており、実践的な学びが行えます。また他学部の専門教育科目を履修することで幅広い分野における知識も身につけます。

法学部の教育指針

法を学ぶことは「高度に複雑化する現代社会の問題点を的確に把握し、論理的思考力を用いて、将来の指針を見出していくこと」です。法律についての基礎知識を修得しながら、同時にバランスのとれた判断力と論理的思考力を得るために文章力、論理的思考力、ディスカッション能力、そして国際性や幅広い豊かな教養を身につける見地から英語力を身につけます。また3つのコースやセミナーなどにより公務員、各種資格試験に対応し、専門科目の履修により法に関する高度な専門性も獲得します。

4年間の学び

4年間の学び

専門科目

専門科目では、法学の基礎からの積み上げを生かしたカリキュラムツリーにより、自ら考えることのできる基礎力を養成します。選択にあたっては、進路に合わせ専門的に学ぶ「公務員コース」「経営法務コース」「法曹コース」という3つのコース毎に一定の指針が与えられます。公 務員志望者には実務・実践的なカリキュラムを強化しているほか、必修科目を追加し、市民としての基礎教養修得を徹底しています。

 

演習(ゼミ)

法学部のゼミは、少人数による論議が活動の基本です。そのなかで法律にかかわる知識を深めながら、論理的思考能力やコミュニケーション力、そしてプレゼンテーションのスキルなど、社会人としての基礎も築いていきます。ゼミが扱う専門分野は憲法、民法、刑法の基本三法をはじめ、租税法や会社法、国際法など多岐にわたります。

“生きた法律”を専門的に学べる3つのコース

模擬法廷
法廷をリアルに再現した模擬法廷で学生自らが裁判を進め、法律実務の世界を体感。生きた法律が学べる、最適な環境があります。

法律学科では、ベテラン教員による実践的な授業を展開。理論の解説だけでなく、実学としての法律を重視した学びを3つのコースで展開しています。

■公務員コース

主に国家・地方公務員をめざす学生、行政機関その他に勤務するためのコースです。

経営法務コース

民間企業に就職し、法学の専門知識をビジネスに生かしたい人に最適なコースです。

法曹コース

法曹界で活躍したいという夢を持ち、司法試験合格をめざして法科大学院への進学を希望するコースです。

オープンカリキュラム

オープンカリキュラム

法学部法律学科の学生は、八王子キャンパスの各学部・学科および帝京大学短期大学で開講する専門教育科目の一部について、履修することができます。修得した単位は共通選択科目として認定されます。修得した単位は自学科で修得した単位として認定されます。

キーワードで検索