国際経済学科

  • 八王子キャンパス

世界で活躍できるグローバルな人材を育成します

急速に進むグローバル化のもと、日本経済の発展と持続のために、世界やアジアとの経済関係の重要さが増しています。国際経済学科では、国際経済の基礎から応用、多様性に富んだアジア・アメリカ・EUなどの世界のさまざまな国の経済・社会・政治を学ぶだけでなく、海外研修プログラムなどを通して英語力の向上をめざし、国内外で活躍できる素養を身につけます。

国際経済学科 Close-UP

アジア国際交流プログラム(TAEP)

アジア国際交流プログラム(TAEP)

経済学部では、日本とアジアの発展に貢献する人材の育成を目的に「帝京大学アジア交流プログラム(TAEP)」を発足させました。現在、ホーチミン市外国語情報技術大学(ベトナム)、パンヤピワット経営学院(タイ)、ヤンゴン経済大学(ミャンマー)、ジェンデラル・スディルマン大学(インドネシア)、パニャサストラ大学(カンボジア)、アダムソン大学(フィリピン)、ラオス国立大学(ラオス)の各大学と協定を結び、留学生を受け入れるなど交流プログラムを進めています。また、アジア交流プログラムの科目は複数用意されており、講義はすべて英語で行われます。

授業紹介

カリキュラムのしくみ

成績評価と単位認定

教員紹介

国際経済学科の教員をご紹介します。

シラバス(Web講義概要) 

国際経済学科のシラバス(Web講義概要)をご紹介します。

キーワードで検索