研究活動における不正行為への対応
研究活動における不正行為への対応

本学では「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(2014年(平成26年)8月26日文部科学大臣決定)に基づき、本学における研究活動に係る不正行為防止に関する規程を定めています。

文部科学省「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」

本学における研究活動の不正防止に関する責任体制

1.最高管理責任者 学長 冲永 佳史

研究倫理の向上および研究活動に係る不正行為の防止等について、本学を統括する権限と責任を有し、公正な研究活動を推進するために適切な措置を講じます。

2.統括管理責任者 寺本 民生

不正行為を防止するための対策の組織横断的な体制を統括する責任者として本学全体の具体的な研究不正防止対策を策定・実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を最高管理責任者に報告します。

3.研究者倫理委員会・研究倫理教育責任者 各学部等の部局長

最高管理責任者の下に本学の研究不正防止対策を審議し、各部局と協力して研究者等への倫理教育を含む啓発活動を行います。

規程等

  1. 帝京大学・帝京大学短期大学における研究活動に係る不正行為防止に関する規程
  2. 研究活動における不正行為に関する通報・調査の流れ
  3. 帝京大学・帝京大学短期大学における研究データの保存等に関するガイドライン
  4. 帝京大学・帝京大学短期大学における研究者行動規範

通報窓口

本学における研究活動等の不正行為に対応するため、通報窓口を置いています。
通報窓口は本部総務課です。

帝京大学本部総務課
東京都板橋区加賀2-11-1

TEL:03-3964-3067
FAX:03-3964-6139
E-mail:tsuho@teikyo-u.ac.jp

学内の諸手続きや講習の受講等に関しては下記ページをご覧ください。

研究活動に係る不正行為防止(学内専用)