教育目的と3つのポリシー
教育目的と3つのポリシー

教育目的

教育学部は、本学の建学精神に則り、教育と社会に関する諸科学の基礎的理論、学校・保育所等における教育や保育及び生涯学習に係る知識・技能を歴史的、実践的、多面的に学習し、広く教育についての理解と認識を深めることを目指す。そして、豊かな人間性を備え、時代の動向を的確に捉え、社会の進展に寄与する人材の養成を目的とする。

教育学部の3つのポリシー

教育学部は、教育が個人及び国家・社会の形成者の育成を図る基盤であることを踏まえ、教育の理論と実践に関する知見と能力を備えた人材の育成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。

  1. 教育と社会に関する諸課題への関心をもち、専攻した教育的専門知識や技能を生かし、その理解と解決に務めようとする態度を身につけている。
  2. 教育に関わる職業や社会生活に必要な人間関係・社会形成能力及び、使命感・責任感等を身につけている。

建学の精神のもと、教育学部では、歴史的転換期とよべる社会的状況を踏まえ、「青年がこれからの社会をたくましく、かしこく生き抜き、ゆたかな社会を形成していけるよう支援する」という理念にもとづいてカリキュラムを編成する。そのため、学校現場・保育現場で活躍する専門的職業人の育成に配慮することはもちろんのこと、企業、地域、家庭など多岐にわたる教育・学習の分野で活躍できる人材の育成にも寄与する柔軟で多面的なカリキュラムを編成するものとする。また、学生の「主体的な学び」を支援・促進することに特に意を用い、「入門」「発展」「移行」「完成」という学びの筋道に沿ったカリキュラムを編成するものとする。

教育学部では、教育諸科学の理論と教育実践との融合を図り、広く豊かな教養と視野および専門的知識・技能を育成するとともに、現在、教育の現場から求められている「生きる力」をはぐくみ「生涯にわたり学び続けることのできる姿勢」を涵養するための教育研究活動を展開する中で、主として、中等教育に携わる人材、初等教育に携わる人材、幼稚園教諭と保育士の複数免許を所持し就学前教育に携わる人材、および生涯教育の場などにおいて幅広く教育にかかわる仕事に携わる人材の育成を目指します。
高等学校等においては、教科の学習において確かな学力を身に付けるだけでなく、学校内外における多様な活動や体験に積極的に参加し、豊かな心や社会性を育み、健やかな身体の成長を図り、社会の様々な事象に幅広く関心を持つことが重要です。

高等学校等における上記のような学修を通じて、次のような資質・能力を備えた入学者を求めています。

  1. 広く人間、教育と社会に関心をもち、それらについて学ぶ意欲、生涯にわたり学び続ける姿勢を有する。
  2. 自ら目標を定め、学び抜くたくましさを備えている。
  3. 教育や保育に熱意をもち、それらに携わる者として自ら律する倫理観と責任感を有する。

教育文化学科の3つのポリシー

教育文化学科は、教育学部の目的に則り、教育と社会に関する理論的認識、学校における教育実践及び生涯学習に係る素養を培い、その下で中等教育及び生涯学習に係る内容を実践的、体系的に学習し、それらについての理解と実践的認識を深め、中等教育及び生涯学習の進展に寄与する人材の養成を目的とする。

教育文化学科は、現代社会の問題に関心をもち、教育に関する理論と実践を往還しながら社会の発展に寄与できる人材の育成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。

  1. 教育と社会・人間をめぐる現代的課題に関心をもち、説明でき、かつ批判的に考察することができる。
  2. 教育にかかわる幅広い分野の知識について主体的に学び、説明することができる。
  3. 教育の実践にかかわる知識・技能を学び、学校やその他の多様な場で教育活動を展開することができる。
  4. 現代社会において社会人・職業人として他者と共生し、その中でリーダーシップを発揮することができる。

教育文化学科は、「中等教育及び生涯学習の進展に寄与する」人材の育成を目指すが、この「生涯学習の進展に寄与する」分野には図書館などの生涯学習施設だけではなく、民間企業や公務員も含まれる。
そのため教育文化学科においては、教職はもとより教育に関する多様な進路選択の可能性を保持し、支援するために、初年度から教職及び教育に関する基礎を学ばせるとともに、学生が自己の進路選択についての啓発を図ることができる科目を配置する。
具体的には、学生が入学後、適時に自己の進路についての暫定の目標設定を行い、中・高等学校の教員を目指す「中等教育コース」と、教育的知見や技能を生かした進路選択を行うことを目指す「生涯学習コース」のいずれかを選択して、自らの履修科目のカリキュラムデザインが行えるようにする。

初等教育学科の3つのポリシー

初等教育学科は、教育学部の目的に則り、教育と社会に関する理論的認識、学校における教育実践及び生涯学習に係る素養を培い、その下で初等教育及び保育に係る内容を実践的、体系的に学習し、それらについての理解と実践的認識を深め、初等教育及び保育の進展に寄与する人材の養成を目的とする。

初等教育学科は、社会を展望し、次世代を創る子ども達が豊かに成長できる保育・学校教育に寄与する人材の育成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。

  1. 教育をめぐる現代的課題に関心をもち、学問的視点に基づき説明できる。
  2. 保育・学校教育の目標について理解し、実践するための基礎的な知識と技能を修得している。
  3. 保育・学校教育の意義について考察を深め、適切に表現できる。
  4. 理論と実践を結び付けた主体的・対話的な学びを継続し、課題解決をコーディネートできる。

初等教育学科は、「初等教育及び保育の進展に寄与する」人材の育成を目指すが、養成大学に対する「実践力」「即戦力」の養成という社会的要請に応えられるようにカリキュラムを編成する。
このため、「初等教育コース」では、専門教育科目群を「教職研究科目」、「基礎研究科目」、「概論研究科目」、「指導法研究科目」、「特論研究科目」で構成し、体系的に配置する。
「こども教育コース」では、「導入的な学問領域」(1年次)、「実践的な学問領域」(2年次)、「実習経験を生かした発展的領域」(3年次)、「卒業研究演習」(4年次)を体系的に配置する。