初等教育学科 初等教育コース
  • 八王子キャンパス
教育学部 初等教育学科 初等教育コース

現代的な課題に対応した教育のあり方を学び、
教育の現場を担う人材を育成

Movie

現在の教育に求められていることは何でしょうか。初等教育コースでは、教員免許をはじめとする資格取得のための基礎的な学びを進めながら、現代的な教育課題に対応した教育のあり方や方法について、提携校で子どもたちと触れ合いながら理論的・実践的に修得。専門的知識と技能を備え、教育の現場を担う人材を育成します。

初等教育学科 初等教育コース Close-UP

小学校の観察実習

小学校の観察実習
帝京大学小学校を訪問して実施される観察実習では、子どもの学びの姿を自分の目で見て教員になるための資質や能力を培います。授業展開、授業の狙い、目標、内容、課題、評価、子どもの反応など、観察ポイントは多岐にわたります。また、この授業観察を通して学校訪問の基本的なマナーや態度も身につけます。

新入生を対象とした合宿を実施しています

新入生と上級生の交流が盛んです
初等教育コースでは、5月に授業の一環として新入生全員と上級生で企画運営を行う活動があります。新入生のスムーズな大学生活を支援し、大学で学ぶ意義や教育学および教員養成、4年間の学習の流れなどについて理解を深め、学生同士または学生と教員との人間関係を深めることを目的としています。さらに同学科コース2年生の学生有志がメンター(指導学生)として参加し、1年生をサポートするほか、当日はパネルディスカッションや個々に新入生の相談に応じるなど、本学科の特徴でもある学年を越えた学生同士のつながりを継承していく一助となる活動を行っています。

カリキュラム

スタディ・スキルの向上を目的とした演習と理論的・専門的な各科目を履修しながら、併行して帝京大学小学校での教育参加やボランティア活動など、4年間を通して子どもたちと触れあい、実践的・臨床的に学び、即戦力性を身につけます。3・4年次は主体的に演習や卒業研究に取り組み、学びの総仕上げを行います。教育実習も3年次からスタートします。

シラバス

初等教育学科 初等教育コースのシラバス

授業紹介

教科指導法(家庭)
本授業では、小学校家庭科の指導法について学びます。家庭科概論で学んだ学習指導要領についての知見をもとに、学校現場の実践例から家庭科の指導法を具体的実践的に学びます。また、小グループで指導案を練り上げ、模擬授業を行って検討し合うことを通して、授業に生かせる指導力の育成を図ります。さらに、他教科の領域や食育との関連を見通したカリキュラムづくりや、家庭科における言語活動の工夫、安心・安全な教科経営のためのリスク(クライシス)マネージメントについても学びます。

教科指導法(算数)
本授業では、小学校学習指導要領に示される算数科の目標達成をめざし、授業設計能力や授業力を向上させ、同時に教員としての資質を高めることを目的としています。算数的活動を重視した問題解決的な学習の展開や、算数への関心・意欲・態度、数学的な考え方、数量や図形についての技能、知識・理解という4つの観点からバランスの良い指導計画を作成することに重点が置かれます。授業内で目標と評価規準および評価方法を明確にし、指導と評価の一体化を図ることも学びます。また学力の3要素の育成につながるICT(情報通信技術)機器活用のあり方や、特別支援を必要とする児童に配慮し、困りを生じさせない支援のあり方なども考えていきます。模擬授業ではすべての学生が指導者役、児童役をこなしながら授業記録を作成。授業を主観的・客観的に評価し、授業観を深めます。

教科指導法(理科)
小学校理科の目標は「自然に親しみ・・・」からはじまります。本授業でも学生が、自然に働きかける体験を重視した学びに力を入れています。八王子キャンパスには、設備の充実した理科実験室があり、実際の小学校の理科室を想定した模擬授業が行えます。どの模擬授業でも工夫した教材を使ったり、情報を活用したりして、学生が児童の立場になって観察・実験に取り組み、本学の教育指針のひとつ「実学」としての学びとなっています。また本授業を通して、理科指導の根幹をなす問題解決の流れに沿った授業展開のあり方が学べるように授業を進めています。

ライフデザイン演習
1年生を対象としたこの科目は、本学の教育理念に基づき「社会力」「自己教育力」「専門力」の基礎力を育成することを目的として実施されています。具体的には以下のようになります。

  1. 初等教育コースの授業の受け方を含めて大学での学び方を習得します。そのため、図書館を活用した文献の集め方や文献の読み方(読書術)といった学習を行います。
  2. 自分の考えをまとめて、それを文章や口頭で表現する技術を学びます。そのため、プレゼンテーションやグループワーク、スピーチといった活動を通してこれらの力を培います。
  3. 初等教育コースの専門の基礎を学びます。 先述したアカデミックスキルのほか、小学校訪問などを行い、実感を伴って学校現場について考える力を養えるようにしています。基本的に授業はクラス単位で行い、履修の仕方など大学生活を送るうえでの基礎的な内容もこの授業で行っています。

知的障害者教育概論
特別支援学校教員免許状の取得をめざす学生や特別支援教育に関心を持つ学生に対する入門授業です。障がいとは何か、特別支援教育とはどのような教育か、知的障がいとはどのような障がいか、知的障がいを有する児童生徒の教育の特色は何か、領域・教科を合わせた指導(日常生活の指導、遊びの指導、生活単元学習、作業学習)などに焦点を当てて授業を展開します。特別支援学校学習指導要領と学習指導要領解説を基本テキストとしますが、特別支援学校などの各種授業ビデオ視聴や知的障がい特別支援学校の見学などとともに個別の教育支援計画、教育課程、指導計画、個別の指導計画や各種の学習指導案などの資料から知的障がい者教育の実際を学びます。本概論をステップとして次の「知的障害教育課程論」「知的障害者指導法」へ学修をつなげます。

初等教育論
本授業では、幼稚園、小学校のさまざまな組織・基礎理論を理解した上で、事例をもとに実践的に考察し、初等教育の本質をめぐる現状・課題とその改革点の動向について学習します。学生には現代社会における初等教育の役割、歴史的な考察、基本的な考え方、学校組織、現状などを把握しながら、初等教育の重要性・思想を国際比較視点から理解し、自分なりに主題・見方を発見してもらいます。また、ペア学習・グループ学習、全体討論や個人発表の機会を通してさまざまな考えやアイデアを交換し、問題意識を深め思考を促しています。

成績評価と単位認定

成績評価

GPA制度について

GPA(Grade Point Average)制度の導入の趣旨は、1. キャンパスとして統一した基準を作成すること、2. 公平性に優れた基準であること、3. 国際的に通用する基準であることとし、学修の成果をGPAという客観的な数値で評価するものです。またこの制度は、欧米の大学で採用されている成績評価制度に概ね準拠しており、海外留学、海外の大学院進学、外資系企業への就職などの際に学力を証明する指標として、海外でも通用する成績評価制度となっています。

成績などの表示および成績評価基準

区分 評価 GPA 成績評価基準 評価内容 英文内容)
合格 S 4.0 90点以上 特に優れた成績を表します Excellent
A 3.0 80点台 優れた成績を表します Good
B 2.0 70点台 妥当と認められる成績を表します Satisfactory
C 1.0 60点台 合格と認められる最低限の成績を表します Pass
不合格 D 0.0 60点未満 合格と認められる最低限の成績に達していないことを表します。また、授業等の出席日数不足および当該授業における試験の未受験等も含みます Failure
対象外 N - - 編入や留学等により他大学等で修得した科目を本学の単位として認定したことを表します(単位認定科目) Credits Transferred

GPAの算出方法

GPAの算出方法

単位認定

  1. 履修登録をします。ポータルサイトを利用しWeb上で履修登録を行い、履修確認もしっかり行います。前期・後期、それぞれに行う必要があります。
  2. 授業に出席します。授業は前期・後期ともに15回です。
    通常、2単位の授業科目は、毎回の授業(90分)出席に加え、予習・復習の学習時間(各2時間程度)をもって構成されています。単位を修得するためには、すべて(初回から15回目まで)の授業出席は当然のことながら、予習・復習により理解を深める必要があります。
  3. 科目によって試験を受けることや、レポートを提出することがあります。(評価方法は担当教員によって異なります)
  4. S・A・B・Cの評価がついた場合は、合格となり、単位を修得したことになります。なお、D評価の場合は不合格となり、単位を修得できていないということになります。必修科目でD評価となると、翌年度以降再履修しなければなりません。
    また、単位を修得した科目は、再度履修することはできません。
  5. 学業成績について
    • 学業成績は、学期末の試験(筆記試験・口述試験・実技試験またはレポート)によってこれを評価しますが、授業科目によっては、教室における授業時間中の小テスト・レポート・平素の出席・学修状況等を平常点として加味して評価する場合や、平常点だけで評価する場合もあります。
    • 学業成績は成績表に評価のみ記載して交付します。
    • 1度合格した科目については取り消すことや、再履修することはできません。
    • 成績表はセメスター毎にポータルサイトにて発表します。
    • 成績発表後、試験を受験(レポート提出)したにもかかわらず評価がないなど、成績について質問がある場合には、次のセメスターのはじめに(原則1週目の授業まで)、登校して教員に直接問い合わせてください。教員が退職して問い合わせができない時は教務グループ窓口にその旨を申し出てください。

卒業に必要な最低単位数 (2022年度入学生)

科目の種類 必修・選択の別 所要単位数
総合基礎科目(※2) 選択 12(※1)
英語科目  現代英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 必修 各1単位 4
専門科目 専門教育科目(※2) 必修 20 74
選択必修
(※3)
教育学系科目 10
現代教育課題系科目 4
選択 40
共通選択科目
  • 専門教育科目74単位の超過単位
  • 言語教養科目
  • 自己啓発支援科目
  • オープン科目
  • 総合基礎科目の超過単位
選択 34
合計 124
  • ※1総合基礎科目の修得単位が12単位を超えた場合は、超過修得単位のうち8単位までは共通選択科目として認定されます。
  • ※2教職・学芸員各課程科目の単位については、専門教育科目または総合基礎科目の単位に含まれるものがあります。
  • ※3選択必修科目の超過修得単位は選択科目の単位に算入されます。