情報科学専攻の3つのポリシー
情報科学専攻の3つのポリシー

理工学研究科(通信教育課程)情報科学専攻の教育目的とポリシー

理工学研究科(通信教育課程)は、建学の精神に則り、高度に発達しつつある情報技術に対応すべく、技術の基盤を形成し将来の技術の変革の基礎となる情報科学を教育し、情報技術を現実の場に生かすことにより、社会に開かれた本学の教育理念である実学を実践し、情報技術の発展に寄与する人材の育成を目的とする。

3つのポリシー

理工学研究科通信教育課程は、情報科学専攻において、高度な情報科学の知識と技術を持ち、現在および将来の情報技術の発展に寄与できる専門性のある人材を育成することを目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。

  1. 現代の情報科学、情報工学、情報システムの理論から応用までを修得し、情報化社会に有効に活用できる。
  2. 情報システムなどの開発・構築ができる。
  3. 情報科学分野のさまざまな問題を多面的に分析・統合し、課題を設定し、かつそれらを解決することができる。
  4. 現代の情報化社会を正しく理解し、技術者としての倫理観に基づき判断することができる。

学位授与に要求される能力を修得するために、理工学研究科通信教育課程は、情報科学専攻において、以下の方針でカリキュラムを編成する。学習者のペースで単位取得が可能となるよう、各科目をテキスト授業、スクーリング授業、インターネットを介したメディア授業のいずれかとして開講する。

  1. 情報科学分野の理論および応用検討に必要となる科目を情報科学専門科目に設ける。
  2. 指導教員の指導のもと、特定の分野について、専門書の講読、研究論文の講読、ディスカッションなどを通じて専門的知識をさらに深めるための特別演習を設ける。
  3. 研究テーマを設定し、指導教員の指導を受けながら高度で専門的な研究を進め、修士論文を作成するための特別研究を設ける。

理工学研究科は、さまざまな問題が地球規模で複雑に絡み合った現代社会において、科学技術者は幅広い視野を持つことが不可欠な現状を踏まえ、機械・精密システム工学、航空宇宙工学、情報電子工学、バイオサイエンスの各専門分野のさらなる高度化と複合化に対応して科学技術の発展に貢献でき、かつ国際的な広い視野を持ち、科学技術者としての倫理観に基づいて判断できる人材の育成を目指しています。
そのため、入学者選抜に当たっては、各分野の専門科目に関する基礎学力、および研究やコミュニケーションに必要な英語の能力があることが求められます。
学士課程等における学修を通じて、次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  1. 理工学に対して豊かな感性を持ち、何事にも好奇心を持ってチャレンジできる。
  2. 理工学における専門分野の研究を積極的に遂行する能力がある。
  3. 理工学における他の関連分野とも連携を図り、総合的な観点から科学技術を推進できる。
  4. 現代の科学技術社会を正しく理解し、科学技術者としての倫理観に基づいて判断することができ、かつ、国際的な観点から新しい研究・開発を先導できる。