視能矯正学科

  • 板橋キャンパス

充実した学習環境の中で知識と技術を兼ね備えた視能訓練士を養成

近年、パソコンやタブレット等の普及に伴い、子どもから大人まで眼の健康管理へのニーズが高まっています。医師の指示のもと、眼の検査や治療、矯正訓練・指導を行う眼のスペシャリストが視能訓練士です。本学科では充実した学習環境、多様な実習で医療現場のニーズに応える視能訓練士を養成します。また、実習の場となる医学部附属病院は、日本屈指の斜視・弱視の患者数、斜視手術数を誇ります。

視能矯正学科 Close-UP

「学内実習研究発表会」

学内実習で学んだ知識や技術をもとに、数人の班に分かれ研究発表を行います。テーマは1年間で学んだ内容から生まれた疑問をもとに各班で決め、図書館で文献を調べ、眼科機器を用いて学生間でデータをとります。学術的な内容からユニークなテーマまで、学べて楽しめる発表が行われます。内容はパワーポイントにまとめ、臨床大講堂にて学会形式で講演します。学内実習ではクラス分けがありますが、この発表会は学年全員で行うため、質問も飛び交い有意義な発表会となります。この発表会が2年生最後の実習となりますので、学生達にとってはまさに1年間の集大成となります。

授業紹介

カリキュラムのしくみ

臨床実習

成績評価と単位認定

教員紹介

視能矯正学科の教員をご紹介します。

キーワードで検索