スポーツ医療学科 救急救命士コース

  • 板橋キャンパス

救急医療の知識と技術を修得した、地域に貢献できる救急救命士を養成

病院前救護を必要とする傷病者の件数は年々増加傾向にあり、救急医療の充実が課題になっている昨今、医療現場において救急救命士に求められる役割は日々、大きくなっています。スポーツ医療学科救急救命士コースでは医学の基礎ならびに救急医学の基礎を学び、緊急の決断が迫られる救急現場において活躍できるスペシャリストを育てます。

スポーツ医療学科 救急救命士コース Close-UP

「実習が豊富」

救急救命士には実際の救急現場に近い形での経験が不可欠です。本コースでは日常的に実習を多く取り入れ、どんな時でも冷静に対処できる救急救命士の育成を図っています。ただ単に教員から与えられた役割を指示通り果たすのではなく、実習シナリオがどのように進むのか実習グループ内でも分からない状態で行い、実習を進める中で傷病者の訴えや出た症状などから傷病者の状況を正確に把握して全員で対処を考えたり、学生自らシナリオを考えることで、柔軟に対応できる力を養います。そのほか病院実習・介護実習、新たに精神科病棟の訪問も始め、さまざまな人とのコミュニケーションについて学んでいます。

「体力錬成」

傷病者の処置を行う救急救命士は、たとえそこが危険で険しい場所であっても、助けを求められれば同じように処置をし、傷病者を安全に病院まで搬送することが求められます。どのような時でも、重い資器材の詰まったバッグやモニターなどを運ぶので、救急救命士には筋力・体力が必要となります。本コースでは知識・技術の習得だけでなく、入学から卒業まで継続して体力づくりを行うことで、真に活躍できる救急救命士を養成します。

スポーツ医療学科 救急救命士コースについて

授業紹介

カリキュラムのしくみ

臨床実習

成績評価と単位認定

教員紹介

スポーツ医療学科 救急救命士コースの教員をご紹介します。

キーワードで検索