臨床検査学科

  • 板橋キャンパス

専門的な知識・技術、豊かな人間性、国際性を備えた臨床検査技師を育てる

医療の進歩によって、現在ではウイルス抗原・抗体、遺伝子などの測定も可能になりました。臨床検査は病気の正確な診断や早期発見に重要な役割を担っており、これからの先端医療において臨床検査技師への期待は高まるばかりです。診断や治療を行う上で必要な臨床データを迅速かつ正確な結果として情報提供できるだけでなく、他職種とのコミュニケーション能力が十分なチーム医療に貢献できる人材を育成します。

臨床検査学科 Close-UP

「臨床検査技師にとって顕微鏡は目」

臨床検査技師の仕事の1つは、患者さんの身体から得られる血液や細胞などの検体からウイルスやがんなどを検査・分析することです。検査により、病気の診断だけでなく、遺伝子疾患の予防や早期発見、感染症などの治療において実用的に生かすことができるようになります。臨床検査技師は、医師と同じレベルの人体に関する知識と、医師よりも卓越した検査技術を身につけなければいけません。本学では、優れた教員による生きた知識を学べる授業や、一人につき1台用意された顕微鏡を用いて、高度な知識と技術を身につけていきます。

授業紹介

カリキュラムのしくみ

実習

成績評価と単位認定

教員紹介

臨床検査学科の教員をご紹介します。

キーワードで検索