スクール・リーダーコース
  • 八王子キャンパス
教職実践専攻 スクール・リーダーコース

確かな指導理論と、
実践力・応用力を備えた指導者を養成します

コースの特色

現場での経験を生かし、より専門的な見識を身につけることをめざす現職教員を対象とし、教育と医療の連携に視点をおき、臨床教育的、特別支援教育的、教育活動的、学校経営的の4つのアプローチおよびそれらの関連に配慮しつつ、学校、行政や地域社会が抱えるさまざまな教育課題に的確かつ適切に対応できる資質・能力を身につけた人材を養成することをめざし、理論と実践を融合した豊かな学修を実現できる環境を整えています。

スクール・リーダーコースに設置された4つのモデル

現職教員は以下の4つのモデルから1つを選択します。

管候補モデル:School Managementモデル (BSM:B類)

教育委員会から派遣され、将来、教育機関で管理職を担う現職教員用モデル

ミドルリーダーモデル:Middle Leaderモデル (BML:B類)

学校・教育委員会等でのミドルリーダーとしての力量を高めるモデル

養護教諭モデル:School Nurseモデル (BSN:B類)

養護教諭としての力量を高めるためのモデル

特別支援教育モデル:Special Educationモデル (BSE:B類)

特別支援教育に関する専門性を高め、特別支援教育のリーダーとしての力量を高めるモデル

対象

教育職員免許法に定める免許状取得者である現職教員(臨時採用・非常勤講師を除く)

1年修了プログラム (短期履修制度)

現職教員で、入学者選抜試験結果・書類審査・口頭試問などにより、教職研究科における1年間の履修によって、教職修士(専門職)の学位を取得できる能力があると認定される方を対象に開設。学校などにおける経歴・実践・研究実績などが「実習科目免除規定」の実習科目の到達目標・内容に照らして修得すべき内容に見合ったものかを審査して最大7単位まで実習科目が免除されます。

  • 教育委員会などの派遣による教員であることが望ましい。