教育実践高度化コース
  • 八王子キャンパス
教職実践専攻 教育実践高度化コース

新しい学校づくりの
有力な一員となることをめざします

コースの特色

現在教職に就いていない社会人あるいは大学卒業予定者を対象とし、将来、学校づくりの有力な一員として活躍できるよう、教育と医療の連携に視点をおき、臨床教育的、特別支援教育的、教育活動的、学校経営的の4つのアプローチおよびそれらの関連に配慮しつつ、学校が抱えさまざまな教育課題に適切に対応できる基礎的、実践的な資質・能力を身につけた人材を養成することをめざし、理論と実践を融合した確かな学修が実現できる環境を整えています。

教育実践高度化コースに設置された3つのモデル

ストレートマスターは以下の3つのモデルの1つを選択します。

小・中学校・高等学校教員モデル:Compulsory Educationモデル (ACE:A類)

高度な専門性を有する小・中学校・高等学校教諭をめざすモデル

養護教諭モデル:School Nurseモデル (ASN:A類)

高度な専門性を有する養護教諭をめざすモデル

特別支援教育モデル:Special Educationモデル (ASE:A類)

特別支援学校教諭一種免許状を有し、特別支援教育の専門家をめざすモデル

対象

幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、養護教諭の教育職員一種免許状の取得者または取得見込みの者で、現職教員以外の者(臨時採用・非常勤講師等は可能)。

3年修了プログラム

幼稚園、中学校、高等学校の教育職員一種免許状を取得済みまたは取得見込みの者で、小学校教員としてのキャリア形成をめざす者を対象に開設。教職研究科における3年間の学習を通して、小学校教育職員一種免許状、さらに、専修免許状が取得できます。