教育目的と3つのポリシー
教育目的と3つのポリシー

教育目的

文学研究科は、建学の精神に則り、専攻する広範で多様な学問領域において高度の専門的知識や実践的技能を獲得し、複雑で多様化する諸課題を究明・解決できる能力を持つ人材の養成を目的とする。

文学研究科の3つのポリシー

文学研究科は、専攻する広範で多様な学問領域において、高度の専門的知識や実践的技能を獲得し、複雑で多様化する諸課題を究明・解決できる能力を持つ人材の育成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。

  1. 各専攻が求める高度の専門的知識や実践的技能を持ち、それを応用することができる。
  2. 複雑で多様化する諸課題に対し、高度の専門的知識を生かして多角的に分析・考察・追及することができる。
  3. 各専攻が求める高度の専門的知識の獲得の集大成として、学位論文にまとめることができる。

学位授与に要求される能力を修得するために、文学研究科は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 各専攻が求める高度の専門的知識・実践的技能を修め、実践的に応用することができる能力を養う科目構成を編成する。
  2. 専攻する広範で多様な学問領域において、高度の専門的知識や批判的思考力を身につけるための科目を配置する。
  3. 各専攻が求める高度の専門的知識の修得の成果を、指導教員のきめ細かい指導のもとに学位論文をまとめ、学業成果の集大成とする。

文学研究科は、専攻する広範で多様な学問領域において高度の専門的知識や実践的技能を獲得し、複雑で多様化する諸課題を究明・解決できる能力を持つ人材の育成を目指しています。
文学研究科では、国際的な視野に立った高度な理論・方法、そして実践的技能の修得が求められます。このため学部等において、自らの関心を充分に掘り下げる洞察力と、各領域の知識および方法論を身につけることが重要となります。
学部等における上記のような学修を通じて、次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  1. 各専攻が求める高度の専門的知識や実践的技能に関わる基礎的知識を有する。
  2. 明確な研究目的を持って複雑で多様な諸課題を積極的に発見し、探求する意欲がある。
  3. 各領域における研究の方法論を熟知し、多面的視点で研究を遂行していくことができる。

日本文化専攻

日本文化専攻は、文学研究科の目的に則り、広大な日本文化史の蓄積の中から、各自の関心に基づいたひとつのテーマを各々の方法論に則って深く掘り下げてゆくことができ、さらにそのテーマを世界的な広がりの中に位置づけ、広い視野と応用力で考察することのできる人材の養成を目的とする。

日本文化専攻は、広大な日本文化史の蓄積の中から、各自の関心に基づいたひとつのテーマを各々の方法論に則って深く掘り下げてゆくことができ、さらにそのテーマを世界的な広がりの中に位置づけ、広い視野と応用力で考察することのできる人材の養成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。

  1. 自分の専攻とする分野のテーマについて、多彩な視野と応用力で追究することができる。
  2. 特論・演習を通して得た成果の集大成として、学位論文にまとめることができる。

学位授与に要求される能力を修得するために、日本文化専攻は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 日本文化を学ぶための様々な科目を特論・演習を軸に提供する。中心となるのは、宗教・絵画・芸能・書道・近代社会と文化・日本語・古典文学・近現代文学・中国言語文化等の領域である。特論・演習の履修によって、古代から現代まで、社会的広がりから細密な文化の一局面まで、日本文化の本質を総合的・立体的に修める。すなわち自分の専攻とする科目を深く掘り下げるとともに、日本文化の多彩なジャンルを修め、専門研究を厚みのあるものに膨らましていくのである。
  2. 各自が専攻する分野の特論・演習を必修とすることにより、専門研究を様々な方法・広い視野で分析する。それを学位論文にまとめ、学業成果の集大成とする。

日本史・文化財学専攻

日本史・文化財学専攻は、文学研究科の目的に則り、日本史学と文化財学がこれまで培ってきた学問方法を総合的に駆使しながら、過去の歴史事象と人類が残した豊かな文化財とを常に新しい視点から調査し、研究できる高度な専門的職業人としての人材の養成を目的とする。

日本史・文化財学専攻は、日本史学と文化財学がこれまで培ってきた学問方法を総合的に駆使しながら、過去の歴史事象と人類が残した豊かな文化財とを常に新しい視点から調査し、研究できる高度な専門的職業人としての人材の養成を目的とする。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。

  1. 日本歴史・文化財に対して文献的史資料面、物質的資料面の両面から考察することができ、その成果を学際的・国際的観点から検討し位置づけられる。
  2. 日本歴史・文化財の研究においての本質的な課題を的確に抽出し、高度な専門的知識と多様な実践的技能を自ら求めて修得し、それらをもとに課題を総合的に分析し考察することができる。

学位授与に要求される能力を修得するために、日本史・文化財学専攻は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 第1類から第4類までの4区分により構成される。第1類には日本史・考古学・文化財分野に共通する科目、第4類には地理学・民俗学・地域比較史論分野が配置されており、第1類・第4類のそれぞれの科目の履修によって学際的・国際的な視野を広げ、この観点から各自の追究する分野を検討し位置づける能力を修得する。
  2. 本専攻の中心的カリキュラムは第2類日本史分野と第3類考古学・文化財分野であり、これらの科目の履修によって、本質的な課題を見出し追究できる高度な専門的知識と多様な実践的技能を修得する。
  3. 修得した専門的知識・実践的技能による研究成果を、指導教員による指導・討論などをもとに学際的・国際的視野から学位論文にまとめ、学業成果の集大成とする。

臨床心理学専攻

臨床心理学専攻は、文学研究科の目的に則り、われわれ人間および人間社会が抱えているこころに関わる様々な問題を解決し、人々が幸せで充実した生産的で創造的な生活を送ることのできる世界を実現するために、様々な視点でこころの働きを探求し、こころの問題の実践的解決の担い手となる人材の養成を目的とする。

臨床心理学専攻は、われわれ人間および人間社会が抱えているこころに関わる様々な問題を解決し、人々が幸せで充実した生産的で創造的な生活を送ることのできる世界を実現するために、様々な視点でこころの働きを探求し、こころの問題の実践的解決の担い手となる人材の養成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。なお、本専攻は(財)日本臨床心理士資格認定協会より第1種の指定を受けており、修了すれば臨床心理士資格試験を受験できる。

  1. 臨床心理学だけでなく、基礎的な心理学や研究法、統計学などの周辺領域の専門的知識、技術を身につけ、心理臨床の現場で人のこころの理解と援助のために応用することができる。
  2. 心理臨床家として必要な社会性や倫理観を身につけ、医療・保健、教育、福祉、大学・研究所、司法・法務・警察、産業・労働、私設心理相談などのさまざまな心理臨床の現場で、専門職業人として働くことができる。
  3. 心理臨床家としての営みを振り返り、探求し、客観的な視点からまとめることができる。すなわち、修士論文作成に向けての研究活動を行い、自らを高め、社会に貢献することができる。

学位授与に要求される能力を修得するために、臨床心理学専攻は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 心理学の基礎と応用(臨床)を車の両輪の関係と捉え、幅広い専門領域の教員を配し、社会の要請に応えて、心理臨床の現場で支援活動を行う専門の臨床家の養成を行う。
  2. 1年次には、「臨床心理学特論」、「臨床心理面接特論」、「臨床心理査定演習」などの必修科目を中心に、研究法・統計法群、基礎心理学群、社会心理学群、医学・薬理学群、心理療法群などに属する幅広い領域の選択科目を徹底的に学習するとともに、ロールプレイ、試行カウンセリングなどの実習を通して臨床基礎能力を修得する。さらに、指導教員のもとで修士論文作成に向けての研究計画を立てて、研究を遂行できるよう指導する。
  3. 2年次には、これらの学習を生かして、教員の指導を受けつつ附属の心理臨床センターや医療・保健、教育、福祉、大学・研究所、司法・法務・警察、産業・労働、私設心理相談などの現場で実習を行い、その内容を詳細に検討する。さらに研究計画に沿って修士論文をまとめ、発表することで、大学院修士課程における自らの学業成果を集大成できるよう指導する。
  4. 学部で所定の単位を取得した学生については、必要な科目を履修することで、公認心理師資格試験を受験できるように支援する。

心理学専攻

心理学専攻は、文学研究科の目的に則り、心理学の基礎と応用(臨床を含む)に関する高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を持ち、研究者として自立して高次の研究活動を行う人材、および、高度に専門的な心理臨床業務、教育業務などに従事する人材の養成を目的とする。

心理学専攻は、心理学の基礎と応用(臨床を含む)に関する高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を持ち、研究者として自立して高次の研究活動を行う人材、および、高度に専門的な心理臨床業務、教育業務などに従事する人材の養成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。

  1. 心理学の基礎と応用(臨床を含む)、研究法、統計学などの心理学周辺領域の高度に専門的な学識、技術を身につけることができる。
  2. それぞれの専門領域で、最先端かつ高度なレベルの研究ができる。
  3. 高度な倫理観、社会性を身につけ、それぞれの専門領域で研究や臨床の指導、教育業務を行うことができる。

学位授与に要求される能力を修得するために、心理学専攻は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 基礎心理学領域、社会心理学領域、発達心理学領域、臨床心理学領域でそれぞれ特殊研究、特殊演習が科目として設定されている。臨床心理学領域ではこれに加えて特殊実習が設定されている。これらの授業科目から、自分の専攻領域を中心に幅広く必要な単位数を履修する。
  2. 基礎心理学領域、社会心理学領域、発達心理学領域、臨床心理学領域のそれぞれにおいて、指導教員のもとで最先端かつ高度なレベルの研究を行い、原則として少なくとも2編以上の原著論文を査読付き雑誌に投稿し、受理されることが学位申請の前提となる。
  3. その上で、内規による所定の手続きを経て、学位申請論文を作成、提出し、審査委員会による論文審査および口答による最終試験を受け、合格した場合に博士の学位が授与される。なお、学位授与決定後、ただちに学位論文の内容について公開の講演会を開催しなくてはならない。