薬学部の施設・設備

実務をよりリアルに体感できる実習施設を完備しています

薬学部は、基礎的な実験を行う「薬学部実習室」と、実務実習に先立って調剤や服薬指導などの事前学習を行うための実習室が集まる「多目的実習室」が設置されています。在学中から、医療現場のリアリティーが体感できます。

薬学科

薬学部実習室(調剤実習室)
調剤実習のほかに1~4年次で実施される薬学実習において、薬学専門科目の講義と連携した基礎的な実験を行っています。

多目的実習室(調剤実習室)
2~5年次の調剤実習で使用します。水剤・散剤・錠剤・外用(軟膏)の各種調剤台や監査台が設置されています。

多目的実習室(模擬薬局)
3~5年次の調剤実習で使用します。投薬カウンターが設置されたシミュレーションルームです。

多目的実習室(模擬病室)
3~5年次の調剤実習で使用します。ベッドサイドでの服薬指導実習が行われ、副作用早期発見のための手技を学びます。

多目的実習室(ミーティングスペース)
2~5年次の調剤実習で使用します。散剤調剤台・水剤調剤台・クリーンベンチなどが設置されています。TVモニターでオリジナルのDVDを見ながら調剤手技の確認もできます。

薬学部実習室
一般の薬学実習はこの部屋で行います。

その他 施設・設備

キーワードで検索