臨床心理学専攻/心理学専攻

  • 八王子キャンパス

人の心に寄り添える、心のケアのスペシャリストを育成します

この専攻の特長は、教授陣の幅の広さと、実践的実習の充実です。多角的な視点で、心理学を究め、それを現場で実践することにより、理論と臨床現場における実践力を身につけた心理臨床家の育成をめざします。

臨床心理学専攻 修士課程/心理学専攻 博士後期課程の概要

実践家養成プログラム

臨床心理学専攻では実学を重視し、実践家養成プログラムを用意しています。このプログラムでは、認知行動療法、力動的アプローチ、来談者中心療法、療育的アプローチなどの技法を学んだ上で臨床実習を実施します。実習先は帝京大学医学部附属病院のほか、幼稚園や小学校などの教育機関、学外提携機関のクリニックや医療少年院など。幅広い現場で実践を積むことができます。

帝京大学心理臨床センター

さまざまな臨床実習のうち、最も重視しているのが帝京大学心理臨床センターにおける臨床実習です。心理臨床センターは地域の人々を対象としたカウンセリング施設で、心の支援サービスを提供しています。修士課程1年次は受付担当を行い、2年次には実際の事例を扱う臨床実習に取り組みます。ケースカンファレンス(事例検討会)には学生も参加します。

高度に専門的な研究者と職業人を育成

心理学専攻では、心理学に関する高度の研究能力と豊かな学識を養い、研究者として自立して高次の研究を行う者、また高度に専門的な心理臨床業務や教育業務等に就く人材を養成します。そのため基礎心理学の領域では動物実験、生体反応測定などの実験を行ったり、社会心理学や発達心理学では観察に力を入れるなど、それぞれの領域で最先端の「特殊研究」「特殊演習」科目を設定しています。研究成果を学位論文としてまとめることが課程修了の要件になっています。

臨床心理学専攻の教育目的

臨床心理学専攻は、文学研究科の目的に則り、われわれ人間および人間社会が抱えているこころに関わる様々な問題を解決し、人々が幸せで充実した生産的で創造的な生活を送ることのできる世界を実現するために、様々な視点でこころの働きを探求し、こころの問題の実践的解決の担い手となる人材の養成を目的とする。

心理学専攻の教育目的

心理学専攻は、文学研究科の目的に則り、心理学の基礎と応用(臨床を含む)に関する高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を持ち、研究者として自立して高次の研究活動を行う人材、および、高度に専門的な心理臨床業務、教育業務などに従事する人材の養成を目的とする。

臨床心理学専攻の3つのポリシー

心理学専攻の3つのポリシー

キーワードで検索