日本史・文化財学専攻

  • 八王子キャンパス

日本史学と文化財学を融合させた最先端の学問領域を創造します

本学には、長年にわたり蓄積してきた多摩地域および日本各地の歴史・考古学資料、美術資料が揃っており、このような環境のなかで、日本史学と文化財学、さらには大学と研究所を融合させることで、新たな学問領域を創造します。

日本史・文化財学専攻の概要

帝京大学文化財研究所の活用

本学の研究施設である帝京大学文化財研究所(山梨県笛吹市)は、考古学、中世史学、文化財科学等の調査研究活動を展開。研究員のみで構成される研究所として関連各学会から、全国的に高い評価を得ています。本研究所の持つ高度な専門性、大きな研究資源を大学院教育に導入することは、院生の研究に特徴的な役割を果たします。

グローバルな視点を養うカリュキュラム

近年は日本史を学ぶなかで「世界のなかの日本史」というグローバルな思考が求められており、今や日本史研究においてそうした視点や思考なくしては研究は成立しない状況です。そのため、本専攻は第4類に地理学・民俗学・地域比較史論分野を配置。日本史や文化財学研究に役立つための広範な知識を集積できる科目設定です。

学際的、文理融合を含めた学融合の推進

帝京大学文化財研究所は考古学、中世史学など文系の分野に加え、物質資料(考古遺物・文化財等)の自然科学的分析にも専門研究スタッフを置き、理系の側面も有しています。こういった文理融合はもとより、教育や研究を分断された専門性に押し込めるのではなく、学融合をめざす専攻としての役割を強く意識して院生の指導を進めます。

研究し発表する力を醸成

学位論文作成に向け、各院生が最先端の研究と問題点の克服が出来るよう、指導教員と院生が定期的に面談し親密な指導を行う「総合研究」を必修科目に設けています。また、自己の研究から独創的な部分を抽出し迅速な発表をすることは、研究能力と同じくらい重要です。そのため、研究成果を学会誌など全国的な場に公表するための指導も行います。

教育目的

日本史・文化財学専攻は、日本史学と文化財学がこれまで培ってきた学問方法を総合的に駆使しながら、過去の歴史事象と人類が残した豊かな文化財とを常に新しい視点から研究できる高度な専門的職業人の育成を目的とする。

3つのポリシー

キーワードで検索