日本文化専攻

  • 八王子キャンパス

日本文化の特質と、その奥底に存在するものを探ります

思想や宗教、文学、さらには映画や美術、出版など、多彩な視点から日本文化の特質と、その奥底にあるものに迫るのが日本文化専攻です。

日本文化専攻 博士前期課程の概要

広汎な領域を専門的に学習

日本文化専攻の特色は、日本文化の広汎な領域を専門的に研究することです。さまざまな角度からアプローチを試みますが、中心となるのは宗教・芸能・近代社会と文化交流・音楽・書道・日本語・近現代文学・中国言語文化といった領域です。学生はこれらの科目を総合的・立体的に学ぶことにより、自分の専攻とする分野を深く掘り下げるとともに、日本文化を幅広く理解し専門研究を厚みのあるものにしていくことが可能になります。

 

広がるカバー領域

日本文化専攻がカバーする領域は次第に広がりつつあり、現在では三筆・三蹟などの書道や、歌舞伎などの芸能ジャンルまで網羅しています。また、発展著しい 近現代の映画や出版などのマスメディアについて学ぶことも可能です。そしてこれら日本文化の全ての基礎となる日本語については、その歴史と現状分析研究に おける第一人者の講義が行われています。

教育目的

日本文化専攻は、文学研究科の目的に則り、広大な日本文化史の蓄積の中から、各自の関心に基づいたひとつのテーマを各々の方法論に則って深く掘り下げてゆくことができ、さらにそのテーマを世界的な広がりの中に位置づけ、広い視野と応用力で考察することのできる人材の養成を目的とする。

3つのポリシー

キーワードで検索