教育目的と3つのポリシー
教育目的と3つのポリシー

教育目的

公衆衛生学研究科は、建学の精神に則り、公衆衛生上の課題に対して指導的立場で科学的判断に基づく問題解決ができる高度専門職業人の養成を目的とする。

専門職学位課程の3つのポリシー

公衆衛生学研究科専門職学位課程は、公衆衛生上の諸問題に対して指導的立場で問題解決ができる高度専門職業人の養成を目指している。以下のような能力を身につけ、所定の単位を修め、かつ課題研究報告書の審査に合格した者に対して学位を授与する。

  1. 公衆衛生の基本5領域を修得し、専門領域の学びも深めている。
  2. 本研究科の定めるコンピテンシーを修得している。
  3. 自ら見出した課題について調査研究を行い、エビデンスを構築できる。
  4. 人々を健康にするため、問題解決型アプローチをもとに解決の道筋を見出せる。
  5. Change Agentとして健康でより良い社会の構築に貢献できる。

学位授与に要求される知識・能力を修得するために、公衆衛生学専攻(専門職学位課程)は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 必修科目では、公衆衛生の基本5領域を修得するため、疫学、生物統計学、社会行動科学、保健政策・医療管理学、産業環境保健学の基礎科目を設置する。
  2. 選択科目では、基本5領域の学びを深めるため、各領域の専門的な科目を設置する。
  3. 調査研究と実践の基礎的な能力を修得するため、「研究・調査法概論」「公衆衛生倫理学」等の共通科目を設定する。
  4. 問題解決型アプローチおよびエビデンス構築等の能力修得のため、「課題研究」を必修科目とする。
  5. 国際通用性および基本5領域の専門性を高めるため、各領域において「特別講義」を選択科目として設ける。
  6. 各科目での評価に加えて、本研究科の求めるコンピテンシーおよび問題解決型アプローチの修得について評価を行う。

公衆衛生学研究科(専門職学位課程)で公衆衛生を学ぶということは、「人々の生命と健康にかかわる公衆衛生上の諸課題に対して総合的な問題解決を実践するための幅広い知識・技術と公衆衛生マインドを身につけること」であり、そのため人々の健康に関する関心や基礎知識だけでなく学際的知識・経験、社会的問題意識や論理的考察力、ならびにリーダーシップの基礎的素養が求められる。
従って、本研究科においては、学部教育や実務経験を通じて、次のような知識・資質を備えた学生の入学を希望し選抜する。

  1. 基礎的な知識・学力・実務能力を有し、更にそれらを高度化しようという意欲のある人
  2. 人々の命や健康に関心を持ち、病者・弱者に共感する心のある人
  3. 論理的・合理的な思考を重んじ、物事を多面的に考えようとする人
  4. 様々な背景の人々と協調し連携できる柔軟性に加えて指導力・実行力をあわせ持つ人

2年コースにおいては、学部レベルの知識・学力を十分習得していることに加えて、人の命や健康に関心があり、病者・弱者や社会に貢献したいという志と現状に対する問題意識を持ち、問題解決のために自分自身の資質や能力を更に向上させようという意欲を持つ者を選抜する。
1年コースにおいては、保健医療関係の実務経験があることが強く求められるがそれに加えて、保健医療の現状を正確に分析認識する意欲と能力を持ち、その改善のために自己の努力を惜しまないばかりでなく、他者と協同して実行する力を持つ者を選抜する。

博士後期課程の3つのポリシー

公衆衛生学研究科博士後期課程は、リーダーシップと優れた研究能力を有し、問題解決をけん引する上級指導者の養成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修め、学位論文審査および試験に合格した者に対して学位を授与する。

  1. 公衆衛生の基本5領域を修得し、専門領域についても深く追求している。
  2. 本研究科の定めるコンピテンシーを修得している。
  3. 自ら見出した課題について調査研究を計画し、チームを主導して遂行できる。
  4. 健康で良い社会の構築に貢献するため、問題解決型アプローチに則り課題を解決できる。
  5. 自らの行った研究や実践等について、論文などで発表・公表して広めることができる。
  6. Change Agentとして健康でより良い組織や社会の構築をけん引できる。

学位授与に要求される知識・能力を修得するために、公衆衛生学研究科(博士後期課程)は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 共通科目では、公衆衛生の基本5領域の基礎科目および「リーダーシップ・マネジメント特論」、「公衆衛生倫理学特論」を必須科目として設置する。
  2. 選択必修科目では、各分野(疫学・生物統計学、産業環境保健学、社会行動科学)を深く追求するため、専門的な科目を設置する。
  3. 選択科目では、専攻分野をさらに深め、かつ、分野横断的な能力を高めるため、各分野の専門的な科目を設置する。
  4. 問題解決型アプローチの修得、調査研究の計画、リーダーシップや論文作成等の能力を修得するため、「特殊研究Ⅰ」「特殊研究Ⅱ」「特殊研究Ⅲ」を必修科目として設置する。
  5. 国際通用性および基本5領域の専門性を高めるため、「特別講義」を選択必修科目として設置する。
  6. 各科目での評価に加えて、本研究科の求めるコンピテンシーおよび問題解決型アプローチの修得について評価を行う。

公衆衛生学研究科(博士後期課程)では、様々な公衆衛生上の諸課題に対して指導的立場で科学的判断に基づく問題解決を行うと同時に、その活動を統括指導できる上級管理者・上級指導者を養成することを基本理念とする。従ってその養成課程にふさわしい、次のような学生の入学を希望し選抜する。

  1. 研究者あるいは実務者として一定の知識・学力・能力を有し、さらにそれらを発展させ、今後の教育・指導に役立てようという意欲のある人
  2. 病者・弱者に共感する心をもち、人々の命や健康を守るために社会やシステムを変革しようという気概を有する人
  3. 科学的な思考ができ、問題解決のために分析的に判断・対処しようとする人
  4. 公衆衛生の実践活動の統括指導を行うだけの指導力・実行力の向上が期待できる人