教育目的と3つのポリシー
教育目的と3つのポリシー

薬学研究科の教育目的とポリシー

教育目的

薬学研究科は、建学の精神に則り、医療の進歩に伴って多様化・高度化しつつある薬剤師に対する社会的要請に応えるために、問題解決能力や研究マインドの醸成を推進し、サイエンティストとしての能力を兼ね備えた、高度職業人としての薬剤師を育成するとともに、優れた研究能力と指導力を有する教育・研究者を養成することを目的とする。

3つのポリシー

薬学研究科は、医療の進歩に伴って多様化・高度化しつつある薬剤師に対する社会的要請に応えるために、問題解決能力や研究マインドの醸成を推進し、サイエンティストとしての能力を兼ね備えた、高度職業人として指導的立場に立てる薬剤師を育成するとともに、優れた研究能力と指導力を有する教育・研究者を養成することを目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修め、学位論文審査および最終試験に合格した者に対して学位を授与する。

  1. 研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度の専門知識と研究能力、およびその基礎となる豊かな学識を持ち、医療科学分野における困難な諸問題に対処できる。
  2. 医療人としての倫理観・人間性を持ち、人々の健康と医療に貢献できる。
  3. 医療と健康を科学する薬学において、優れた指導力を持つ教育・研究者としての資質を有している。

学位授与に要求される能力を修得し、医療現場において指導的立場に立てる高度職業人(薬剤師)および薬学教育現場における優れた教育・研究者など、社会の要請に合った人材を養成するために、薬学研究科は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 幅広い科学領域の特論講義・特別講義により、科学的な観点から医療を捉える能力を育成することを目指す。
  2. 所属研究室において教員指導のもとで薬学課題特別研究を行い、学位論文を作成することにより、問題解決能力や研究マインドを高め、自立した研究者としての研究能力と専門知識・技能を身につける。
  3. 所属研究室における各種演習を通して、専門知識の幅を広めるとともに論理的な思考力を身につける。
  4. 病院実務研修を通して、薬剤師としての高度な臨床実践能力を有し、一方で科学者の観点から薬物治療における諸問題を解決し、より高度な医療の実現に貢献できる人材を育成する。

薬学研究科は、学部教育で学んだ知識・経験をさらに広げ、①臨床現場で薬物治療のリーダーに求められる高度の研究・教育能力を持つ人材の養成、および、②大学教育、薬学行政、製薬企業など臨床現場以外においても、臨床薬学の発展に必須な知識・技能を有し、指導的な役割を担い得る有用な人材の養成を目指しています。
本大学院では、上記①と②に対応する人材養成のために、臨床薬学履修コースおよび薬学履修コースの2つのコースを設けています。入学にあたっては、前者では薬剤師の資格と自覚が必要です。後者では薬剤師の資格は必ずしも必須とせず、これまでの薬学にない領域において確かな基盤的能力を有する人材をも受け入れます。
どちらのコースも、学部教育等における学修を通じて、次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  1. 広く医療や健康に関心を持ち、他を思いやる心など豊かな人間性を有する。
  2. 科学分野において、真理探究への情熱を有する。
  3. 高度化する臨床現場にあって、科学的な根拠と論理性を持って、新たな医療に挑戦する志を有する。
  4. 高度な専門性や優れた研究能力を持って、大学や医療現場で後進の指導にあたる意欲を有する。