教育目的と3つのポリシー
教育目的と3つのポリシー

教育目的

医学研究科は、建学の精神に則り、高い研究能力を持つ医学系研究者の養成、および優れた研究・診療能力を備えた医療系人材の養成を目的とする。

医学研究科の3つのポリシー

医学研究科は、優れた診療能力や研究マインドを備えた医療系人材の育成、現場の視点を持った臨床研究または臨床を理解した基礎研究ができる人材の育成、優れた医学研究者の養成を目指している。
以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修め、学位論文審査および試験に合格したものに対して学位を授与する。

  1. 医学における基礎的および臨床的課題を深く研究し、国際的評価の高い結果を生み出し、医学の発展に貢献する。
  2. 臨床経験を積み重ねながら医療・福祉の現場における実際的・実践的課題を見出し、それを深く追究し、科学的判断力、倫理観に基づいて解決する方法を提案あるいは実践できる。その結果について国内外の評価をうける方法を学び、実践できる。
  3. 専門的あるいは最先端の知識・技術を深く広く修得し診療に役立て、患者の健康と福祉に貢献することができる。
  4. 一定以上の水準の学位論文を作成し、国際的標準の研究成果が発表できる。

学位授与に要求される能力を修得するために、医学研究科は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 各分野において、医学の進歩や社会の変化に対応した科目を編成する。
  2. 問題解決や論文作成に必要な計画性および論理的思考を身につけ、医療倫理や科学的知識・統計的手法などの幅広い分野で基礎的能力を育てるために必修科目Ⅰを編成する。
  3. 高度かつ徹底した専門的教育を目的とした専門科目(主科目)を行うとともに、研究・論文作成・学位取得のための必修科目Ⅱ(特殊研究)を編成する。
  4. 専門科目(主科目)領域に関わらず様々な分野に視野を広げるために、幅広い分野にわたる専門科目(副科目)および共通科目の選択を可能とする。
  5. 上記1~4のカリキュラムにおいては専門医研修プログラムと協調を図る。

医学研究科は、建学の精神にもある「国際性、創造性、専門性」に則り、優れた研究・診療能力を備えた医療系人材を育成し、また、高い研究能力を持つ医学系研究者を育成することにより医学の発展に貢献することを目指しています。
医学部では大学人・社会人としての素養を学ぶとともに、専門分野の基礎医学・臨床医学の知識を広く学ぶことが重要です。その後の卒前卒後臨床研修において目の前の患者のために尽力するのに必要な知識・手技・態度を実地体験で修得することが必須です。その際に、医療の現場や医学において多くの課題があることに気づき、その課題を分析し解決することによってさらに患者のために尽力できることを理解しなければなりません。
学部や卒後研修等における上記のような学修や経験を通じて次のような意欲・資質・能力を備えた入学者を求めています。

  1. 国際的視野に立って医学研究へ貢献する意欲がある。
  2. 最先端医療技術の開発や修得および普及に積極的に関わることができる。
  3. 研究に基づいて広く医療における課題を解決することに深い関心があり、積極的に貢献する意欲がある。
  4. 臨床経験を積み重ねながら臨床現場における実際的・実践的課題を見出し、それを深く追究する方法を学ぶ意欲がある。
  5. 専門的知識を深く広く修得し診療に役立て、患者の健康と福祉へ貢献することができる。