薬学部のチーム医療

チーム医療を体感できる環境の中で医療人としての素養を身につけます

現在の医療現場では、各職種の医療人が専門性を発揮して協力し合う「チーム医療」が重視されています。薬学部が学ぶ板橋キャンパスでは、医学部・医療技術学部と3つの医療系学部が集結し、「チーム医療」を実践的に学ぶことができます。学生は他の領域を専攻とする学生と共に、自らの職域を意識して学べる理想的な教育環境の中で、医療人としての理念を理解し、チーム医療の精神を身につけます。

帝京大学医療共通教育研究センター(G-MEC)

帝京大学医療共通教育研究センター(G-MEC)

「チーム医療」を実践するための基礎づくりをサポートしています

帝京大学医療共通教育研究センターは、「チーム医療」を実践的に学ぶ環境を整えることを目的に設置され、薬学部・医学部・医療技術学部を横断したカリキュラム運営を行っています。医療人としての基礎となる生命倫理や医療社会学の知識など、医学・医療導入教育の向上をめざしており、その中でも「ヒューマンコミュニケーション」などに代表される開講科目で、医療人としてのコミュニケーション能力を高めることに重点をおいています。

ヒューマンコミュニケーション

演習紹介「ヒューマンコミュニケーション」

1年次に行う「ヒューマンコミュニケーション」は、医学部・医療技術学部の学生と共に学び、グループディスカッションや体験学修を通して、コミュニケーションスキルだけでなく、倫理観や豊かな人間性を養います。薬学部では、2年次以降にも「薬学コミュニケーション」を設けており、薬剤師として必要なコミュニケーション能力の向上をはかります。

帝京大学医学部附属病院

帝京大学医学部附属病院

現場で活躍している医師や薬剤師が教育に参加しています

帝京大学医学部附属病院は、特定機能病院、救命救急センター、がん診療連携拠点病院などの承認指定を受ける地域の基幹病院です。薬剤部には、がん専門薬剤師の資格を持つ薬剤師がおり、高度な抗がん剤治療も行っています。このような最先端の医療を実践する臨床現場で実務実習が行えるのも本学部の特色です。また、薬剤部が薬剤師の職能と責任を理解するためのオリジナルテキストを制作し、指導者として後輩の指導にあたるなど、積極的に薬学教育に参加しています。学生は知識と技能はもちろん、医療現場で必要な総合的な視野を早くから身につけることができます。

キーワードで検索