薬学専攻

  • 板橋キャンパス

臨床薬学の指導者・リーダーとなれる人材を育成します

日進月歩の医療現場。日々、求められる理想の人材は変化しています。薬学専攻においては、社会的ニーズを満たす人材を育成するべく、2コースを設置。高度な教育と研究を通して、臨床/非臨床現場で指導的な役割を担える人材を育成します。

薬学専攻の概要

薬学専攻は、確かな研究能力と教育能力を有する、臨床現場でリーダーとなり得る薬剤師および大学教員の養成を主たる目的として、6年制薬学教育の上に設けられた4年制の博士課程を有する教育・研究課程です。
医 療現場での実践力、科学的な思考力、および研究能力を兼ね備えた高度専門的職業人(薬剤師)の養成をめざす臨床薬学履修コースと、「臨床現場において高度 の能力を発揮し、新たな専門領域を開拓しうる薬剤師」を養成するために必要な教育能力、研究能力を有する大学教員等の養成を主としてめざしている薬学履修 コースの2つのコースが設けられています。
いずれのコースでも最新の設備を備えた医学部附属病院での薬剤部研修や、2012年度より新大学棟での最先端の研究・講義を通じ、真に信頼される医療人としての高度な知識と研究能力を身につけることをめざしています。

教育目的

薬学研究科は、建学の精神に則り、医療の進歩に伴って多様化・高度化しつつある薬剤師に対する社会的要請に応えるために、問題解決能力や研究マインドの醸成を推進し、サイエンティストとしての能力を兼ね備えた、高度職業人としての薬剤師を育成するとともに、優れた研究能力と指導力を有する教育・研究者を養成することを目的とする。

3つのポリシー

キーワードで検索