教育目的と3つのポリシー
教育目的と3つのポリシー

保健学研究科の教育目的とポリシー

教育目的

保健学研究科は、建学の精神に則り、先進医療に対応できる専門知識と実践的技能をもつ人間性豊かな資質を備えた高度専門職業人の養成と地域およびグローバル社会の中で創造性豊かな優れた研究・開発能力をもつ教育・研究者となりうる人材を養成することを目的とする。

3つのポリシー

保健学研究科は、先進医療に対応できる専門知識と実践的技能をもち、人間性豊かな資質を備えた高度専門職業人及び広い視野と国際的感覚を持つ教育・研究者の養成を目指している。
以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。

  1. 先進医療に対応できる高度な専門知識と技能を有し、その技術を実践することができる。
  2. 複雑多様化する諸課題を的確にとらえて究明・解決し、医療の発展に寄与することができる。
  3. 医療技術の進歩やグローバル化する社会情勢の変化に対応できる柔軟性と高い倫理観を備え、知識・技能の継続的な修得に努めることができる。

学位授与に要求される能力を修得するために、保健学研究科は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 地域の保健医療の現状と課題及び職種を超えた地域ケアシステム、及びグローバル化社会でその技能を実践できるための科目を配置する。
  2. 医療技術の進歩や社会情勢の変化に適応できる能力、実践的組織リーダー及び教育・研究者へと発展できるための科目を配置する。
  3. 研究方法を学び、特定の研究テーマに関して文献検索、調査、実験等によりデータを収集し、それらの結果の分析及び考察を行い学位論文としてまとめる能力を涵養する科目を配置する。

保健学研究科は、高度化・先端化した現代医療において、チーム医療の指導的な担い手として、高度な専門知識と実践的技能を有し、かつ教育・研究を自立して推進できる人材の養成を目指しています。そのため学部等では各分野の高度な医療に対応するための基礎的知識と技能及び教養と倫理を修得していることが求められます。
学部等における学修を通じて、次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  1. 誠実でいたわりの心を有し、高い倫理観と使命感を備えている。
  2. 円滑なコミュニケーションのもと、地域の医療の発展に貢献する意思がある。
  3. チーム医療を担える基礎的な専門知識・技能・態度を有し、指導的役割を目指す意欲がある。
  4. 自ら課題を見つけ究明・解決しようとする強い意欲を有している。

診療放射線科学専攻

診療放射線科学専攻は、保健学研究科の目的に則り、豊かな学識を基盤に、高度な医療技術を修得し、医療環境を取り巻く社会的問題に対応できる人材を養成することを目的とする。
具体的には、博士前期課程(修士課程)・博士後期課程で次のような人材を養成する。 

博士前期課程(修士課程)では、医療の発展に寄与するために、高度化、多様化した技術に対応できる柔軟性と実践可能な高度専門知識・能力を身につけ、診療放射線科学に関する事象を科学的に分析できる研究者としての素養も身につけた高度専門職業人を養成することを目的とする。
博士後期課程では、診療放射線科学の発展と医療の質の向上に寄与するために、診療放射線科学分野において創造性豊かで優れた研究・開発能力を備え、広い視野と国際的感覚を持ち、診療放射線科学に関する高度な知識と技能を備えて地域や医療組織における実践的指導者としての役割も果たせる教育・研究者を養成することを目的とする。

診療放射線科学専攻は、豊かな学識を基盤に、高度な診療放射線科学を修得し、医療環境を取り巻く社会的問題に対応できる知識と人間性豊かな資質を有し、博士前期課程(修士課程)では指導的な役割を果たせる高度専門職業人の養成、博士後期課程では広い視野と国際的感覚をもつ教育・研究者の養成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与する。

博士前期課程(修士課程)

  1. 診療放射線科学分野における高度な専門知識を有し、高度専門職業人として医療現場で活躍できる。
  2. 高度専門職業人として、地域及びグローバル社会における医療の発展に寄与することができる。
  3. 科学的な分析能力と研究者としての素養を有し、診療放射線科学に関する研究を行うことができる。

博士後期課程

  1. 診療放射線科学分野における最新の知識と科学的研究方法を修得し、創造性豊かな優れた研究・開発を独立して行いうる国際的感覚を持った教育・研究者へと発展できる能力を有する。
  2. 診療放射線科学の実務領域において、研究成果に基づく専門的な知識と高い実践能力を併せ持ち、地域や医療組織において指導者として活躍できる。
  3. 保健医療に関する広範囲な領域での知識と見識を持ち、高度な研究能力と実践能力を有する。

学位授与に要求される能力を修得するために、診療放射線科学専攻は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

博士前期課程(修士課程)

  1. 専攻する領域に加えて保健学における他の分野の知識を修得し、国内外の学会で英語による発表力を修得するための科目を基礎科目に配置する。
  2. 診療放射線科学分野における高度な専門知識及び実践的技能を修得し、修了後は高度専門職業人として活躍するための科目を専門科目に配置する。
  3. 診療放射線科学分野における基礎的な研究能力及び研究成果の発表能力を修得するために、学位論文の作成を伴う「特別研究」を配置する。

博士後期課程

  1. 専攻する領域に加えて保健学における他の分野の知識と課題及びその背景を理解し、独創的な研究を推進するための科目を基礎科目に配置する。
  2. 診療放射線科学分野における研究成果を英語論文にまとめ、国内外の学術雑誌に投稿できる能力を修得するための科目を基礎科目に配置する。
  3. 診療放射線科学分野において最先端で高度な専門知識が修得可能な科目を専門科目に配置する。
  4. 診療放射線科学分野における独創性の高い研究を行い、学位論文の作成を伴う「特別研究」を配置する。

看護学専攻

看護学専攻は、保健学研究科の目的に則り、看護の発展に寄与するために豊かな学識を基盤に看護学を修得し、保健・医療・福祉を取り巻く健康課題及び地域包括ケアシステムに対応ができ、看護学に関する現象を科学的に分析できる研究者としての素養も身につけた高度専門職業人を養成することを目的とする。

看護学専攻は、看護の発展に寄与するために豊かな学識を基盤に看護学を修得し、保健・医療・福祉を取り巻く健康課題及び地域包括ケアシステムに対応ができ、看護学に関する現象を科学的に分析できる研究者としての素養も身につけた高度専門職業人を養成することを目的とする。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修め、学位論文審査および試験に合格した者に対して学位を授与する。

  1. 看護学分野における高度な専門知識と技能を有し、複雑・多様化する看護の諸課題に対応した看護実践ができる。
  2. 地域包括ケアシステムに対応した看護マネジメント能力を有し、看護実践ができる。
  3. 看護実践に関する現象を科学的に分析する能力と研究者としての素養を有し、看護学に関する研究を通して看護学の発展に寄与することができる。

学位授与に要求される能力を修得するために、看護学専攻は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 看護実践能力の共通基盤となる科目及び保健・医療・福祉の現状と課題に焦点をあてた科目を基礎科目に配置する。
  2. 看護学分野における高度な専門知識と技能、及び科学的分析能力を修得するための科目を専門科目に配置する。
  3. 看護学分野における基礎的な研究能力及び研究成果の発表能力を修得するために、学位論文の作成を伴う特別研究を配置する。