保健学研究科

  • 福岡キャンパス

看護学専攻を開設しました

科学技術の進歩に伴い、医療は高度化・先端化し、多くの疾病に対して先進的な医療技術が導入され、疾病の治癒率の向上や生活の質の向上が得られつつあります。一方、少子高齢化に伴い、医療構造の変革が進行しています。そのため、医療の範囲がこれまでの疾病の診断と治療に加えて、予防や健康増進へと拡大しています。このような医療の変化に対応するために、福岡キャンパスの保健学研究科において、診療放射線科学専攻に加えて新たに看護学専攻を開設しました。診療放射線科学専攻では、高度化、多様化した技術に対応できる柔軟性と実践可能な高度専門知識・能力を身につけた高度専門職業人、および創造性豊かで優れた研究・開発能力を備えた教育・研究者の養成をめざします。また、看護学専攻では、看護学に関する現象を科学的に分析できる研究者としての素養を身につけ、進行する医療構造の変革に伴って多職種協働のもとに保健・医療・福祉をつなぐキーパーソンとなって地域包括ケアシステム構築に寄与できる高度専門職業人の養成をめざします。 

目的とポリシー

専攻紹介

教員紹介

修学に関する情報

入試情報

キーワードで検索