診療放射線科学専攻

  • 福岡キャンパス

医療現場や社会で活躍できる診療放射線科学のスペシャリストを育成します

保健学系教育分野は、健康を探求し、個人および集団の健康の回復・維持・増進、さらに疾病、障害の予防・支援を総合的に支援し、人びとが健やかで人間としての尊厳に満ちた生活を営むことを支援する重要な役割を担っています。その中でも診療放射線科学分野は、近年、IT技術やコンピューターサイエンスの発達により急速な発展を遂げています。そのため、臨床現場では最先端医療に対する高度な教育・知識・技能の修得が不可欠であり、臨床に関する幅広い知識の修得や技術向上に努力する人材が求められています。このような社会的ニーズに応えるため、診療放射線科学専攻では医療の進歩に対応できるだけでなく、人びとの健康と幸せに貢献できる人間性豊かで豊富な知識を身につけた高度専門職業人および、教育・研究者を育てます。

養成する人材像

博士前期課程(修士課程)

診療放射線科学専攻博士前期課程(修士課程)では、医療の発展に寄与するために、高度化、多様化した技術に対応できる柔軟性と実践可能な高度専門知識・能力を身につけ、診療放射線科学に関する事象を科学的に分析できる研究者としての素養も身につけた高度専門職業人を養成します。

また放射線治療分野では、定位放射線治療や強度変調放射線治療を行う施設に医学物理士が必要とされており、医学物理教育コースを設置することで、これらの社会的要請にも応えられる人材を養成します。

 

博士後期課程

診療放射線科学専攻博士後期課程では、診療放射線科学の発展と医療の質の向上に寄与するために、診療放射線科学分野において創造性豊かで優れた研究・開発能力をそなえ、広い視野と国際的感覚を持ち、診療放射線科学に関する高度な知識と技能を備えて地域や医療組織における実践的指導者としての役割も果たせる教育・研究者の養成をめざします。

専攻の特色

診療放射線科学分野

本専攻では、診療放射線科学の学問分野を【基礎診療放射線領域】と【応用診療放射線領域】に大別しています。

博士前期課程(修士課程)では、保健学に関係する基礎的素養と診療放射線科学に関係する高度な専門知識・能力を修得し、博士後期課程では、保健医療に関係する幅広い基礎的素養とグローバル化した研究を遂行する能力、診療放射線科学に関係する先端的な専門的知識・能力を修得していきます。

教育目的

診療放射線科学専攻は、保健学研究科の目的に則り、豊かな学識を基盤に、高度な医療技術を修得し、医療環境を取り巻く社会的問題に対応できる人材を養成することを目的とする。

具体的には、博士前期課程(修士課程)・博士後期課程で次のような人材を養成する。

 

博士前期課程(修士課程)では、医療の発展に寄与するために、高度化、多様化した技術に対応できる柔軟性と実践可能な高度専門知識・能力を身につけ、診療放射線科学に関する事象を科学的に分析できる研究者としての素養も身につけた高度専門職業人を養成することを目的とする。

博士後期課程では、診療放射線科学の発展と医療の質の向上に寄与するために、診療放射線科学分野において創造性豊かで優れた研究・開発能力を備え、広い視野と国際的感覚を持ち、診療放射線科学に関する高度な知識と技能を備えて地域や医療組織における実践的指導者としての役割も果たせる教育・研究者を養成することを目的とする。

3つのポリシー

キーワードで検索