総合理工学専攻

  • 宇都宮キャンパス

多様化した科学、技術領域において、総合的な視点で人材を育成します

科学・技術分野においては急激なスピードで新たな変化が起こり続けています。総合工学専攻ではその変化に対応しながら、人類の未来を創造していけるようなエンジニアとして、幅広い視点を持った人材の育成をめざしています。

総合理工学専攻の概要

育成する人材像

育成する人材像

「物質」、「エネルギー」、「情報」、「生命」などを、人類や社会福祉のため、平和的・経済的に活用することを理念とし、さらなる革新に対応しうる人材の育成をめざしています。さらに、各領域・分野の枠を超え、理工学における高度な教育・研究を行い、幅広い視野を持ち、国際化に対応できる人材を育成します。

 

指導方針

急速に発展し続ける科学・技術分野においてフレキシブルな対応をするため、優秀な学生が早く各自のテーマに取り組むことができるよう、学部3年修了後、大学院に入学できる飛び級制度の導入や将来教員や研究者になるためのトレーニングの機会を提供するため大学院生を学部、大学院の実験実習、演習等に教育補助者として採用するティーチングアシスタント制度、社会人入学や外国人留学生の受け入れなど、独自の制度を積極的に取り入れています。

 

研究体制

本キャンパスは、宇都宮市の豊かな自然に囲まれた広大な敷地にあり、植物温室、模型飛行場・格納庫、実習工場などの研究施設が整備されています。また、国内有数の研究機器や最先端の研究設備の導入を積極的に進めております。これらの施設・設備を活用した研究は、国内外での学会や学術雑誌等で発表されており、高い評価を得ています。また国内で最大級の工業団地や豊かな農地を有する栃木県の立地を生かし、地元産業界との共同研究・共同開発にも積極的に取り組んでいます。 

教育目的

理工学研究科は、建学の精神に則り、「物質」、「エネルギー」、「情報」、「生命」などを人類や社会福祉のために有効かつ平和的・経済的に活用することを理念とする。これらを活用するための科学技術は、すでに高度化、精密化、多様化しているため、さらなる革新に対応しうる人材の育成を目指す。さらに、各専門分野の枠を超えて、理工学における先進的で高度な教育・研究を行い、幅広い視野を持ち国際化に対応できる人材の育成を目的とする。

3つのポリシー

キーワードで検索