特⻑紹介

大学であれば4年間で学び、現場に立ちますが、本学院は3年間で看護師をめざします。
そのため、学生一人ひとりの個性を重視した少人数制の指導を中心に、
看護の実践的な知識・技術を身につける段階的なプログラムを用意しています。
帝京大学医学部附属病院で行う病院実習、
帝京大学グループへの就職や奨学金といった、
3年間の学生生活とその後の進路をサポートする体制が整っています。

3年間の教育体制

充実のサポート体制、3年間で看護師へ

学びを支援するきめ細かなサポート体制

グループ支援
一人ひとりの個性を尊重しつつ、少人数制のグループごとに指導していきます。また、同じ夢を持つ仲間同士で互いに協力し合い、学ぶ姿に刺激を受けながら、看護に必要な知識・技術の習得、国家試験合格への最短距離を歩めるようにサポートしていきます。
学生相談
疑問に思うこと、不便を感じていることなど、あらゆる悩みの相談窓口として、担任や学生相談の担当教員がいます。専任教員による個別相談を行うことで、学生個々の心身の健康をサポートしています。また、希望者には板橋キャンパス内にある帝京平成大学板橋臨床心理センターの紹介も行っています。
個別指導
学習面だけでなく、プライベートで生じた不安や悩みについても、自分だけで抱え込む必要はありません。授業以外の時間を利用して、効果的な授業の履修方法や、国家試験を含めたキャリアプランなど、教員がマンツーマンで向き合い、親身に指導します。

国家試験合格につながる段階的指導

国家試験対策は、各科目の進展をふまえ、
3年間を通して積み上げます

1年生
本学院は3年制のため、1年生から国家試験対策を行います。看護を学ぶうえで必要な主体的な学習態度・学習方法を身につけ、国家試験に向けての学習への意識を高めます。学習面では、まずは看護に関する知識・人体の構造と機能の理解し、応用力を身につけるための基礎を固めます。
2年生
1年生で学習した知識のさらなる定着、応用力を鍛えるため、国家試験問題への取り組みを開始します。主体的に学習し、繰り返し過去の国家試験問題に取り組むことで、問題の傾向や各自の苦手分野を分析する力を身につけます。2年生から本格的な病院実習がスタートするため、早い段階から苦手分野を克服することで、安心して実習にも取り組むことができます。
3年生
これまでの総復習として、過去の国家試験問題に広く取り組みます。また、適宜模擬試験を実施し、実践形式で今まで身につけた学習成果を確認する機会を設けています。さらに、領域別学習を行うことで学習課題を発見し、着実に課題を克服します。いつでも教員にわからないことを相談できる体制が整っており、学生・教員一丸となって国家試験合格をめざします。
2017年度 国家試験合格率
(新卒)98.4%
全国平均96.3%

帝京大学医学部附属病院が隣接

帝京大学医学部附属病院
帝京大学医学部附属病院
帝京大学

医療系学部が集約

  • 医学部
  • 薬学部
  • 医療技術学部

帝京高等看護学院は、帝京大学医学部附属病院と医療系学部が集約されている帝京大学板橋キャンパスに隣接。医療に特化した抜群の環境が整い、チーム医療を学ぶことができます。

3年間をすごす学び舎

学生がいきいきと学ぶ環境

先端の設備・環境で看護を学ぶことができます

帝京高等看護学院

本学院は2015年にリニューアルし、あらゆる患者さんに適切な対応をするための技術・知識を身につける実習室、約200人を収容できる大講義室、学生が自由に利用できるラウンジ、豊富な専門書をそろえた図書室などを大幅に整備しました。患者さんのライフステージにそった多彩な実習室には、病院で実際に使用されている器具などを導入し、学内にいながら実際の現場により近い状況下で実習を行うことができます。学業に専念し、看護師を志す学生を支援するための環境が整っています。

帝京大学の施設も利用可能

パソコンルーム
パソコンルーム
板橋キャンパス大学棟内にある共有スペースです。本学院の学生は授業時に利用します。最新のIT環境が整備されており、一度に300人を超える学生が同時に使用することも可能です。
学生食堂
学生食堂
学生だけでなく、教職員、医療関係者、地域の方々も利用できる食堂です。朝早くから営業しており、おいしくバランスのとれた豊富なメニューと手頃な価格が好評です。
医学総合図書館
医学総合図書館
医療関連の専門書や専門誌を豊富に取り揃えた図書館。看護に関する最新情報の入手や資料の閲覧、自習スペースとしても最適な空間です。

PICK UP!

女子学生寮(若葉寮)

女子学生寮(若葉寮)
若葉寮は、遠隔地にお住いの方が優先的に入寮できる学生寮で、ターミナル駅である池袋駅から1駅の板橋駅徒歩5分ほどのところにあります。女性専用なのでセキュリティ面でも安心です。

理想的な実習環境

実際の医療現場から学べる環境が
身近に用意されています

病院実習

病院実習
実際の現場により近い設備を用いて学内実習を行い、その後、病院実習に臨みます。病院実習は、主に本学院に隣接した帝京大学医学部附属病院で行われ、本学院の教員と病院の実習担当者が密な連携をとり、学生の指導にあたります。実習先が近いため、実習で困ったことがあってもすぐに教員に相談ができ、指導を受けられることも特長の1つです。

安定した就職先

安心の就職実績

卒業生の多くが、高度な医療を提供する
帝京大学グループの附属病院へ就職しています

帝京大学医学部附属病院
帝京大学医学部附属病院
帝京大学医学部附属溝口病院
帝京大学医学部附属溝口病院
帝京大学ちば総合医療センター
帝京大学ちば総合医療センター

いずれの病院も学生が希望すれば、ほぼ全員が就職することができます。また、就職先での配属についても本人の希望が重視されるなど、手厚い就職サポートを行っています。

看護師になるためのサポート

3年間で看護師をめざす

専門学校ならではのメリット

卒業と同時に看護師国家試験受験資格、保健師や助産師学校受験資格が得られ、資格取得面では4年制大学と遜色ありません。また、本学院は3年制のため、安価な学費で専門的な看護を学び、早く現場に出ることができます。

【2018年度納入金実績】

授業料・実験実習費合計:940,000円(年間)
※入学時のみ入学金・学生傷害保険費、諸経費として教科書代やユニフォーム代が発生します

帝京大学グループ看護学生奨学金

安心して勉強ができる奨学金制度を設けています

卒業後、帝京大学グループの帝京大学医学部附属病院・帝京大学医学部附属溝口病院・帝京大学ちば総合医療センターに看護師として勤務する方を対象に、在学中に必要な経費の一部を奨学金として貸し付けする制度があります。※詳しくは、本学院へお問い合わせください。