学院紹介

本学院では、教育理念や教育目標のもと、
専門職に必要な幅広い知識と視野で社会に貢献できる看護師の育成をめざします。

学院概要

建学の精神

努力をすべての基とし
偏見を排し
幅広い知識を身につけ
国際的視野に立って判断ができ
実学を通して創造力および人間味豊かな
専門性ある人材の養成を目的とする

教育理念

本学院では社会の変化する状況に対応できる看護教育をめざし、
専門職に必要な幅広い知識と視野で物事をとらえられる能力を身につけ、
人間としてよりよい生き方を追求する態度を育成する。

教育目的

本学院は保健師助産師看護師法に基づき、
看護師として必要な知識および技術に関する専門教育を行い、
人格の涵養に努め、
社会に貢献し得る有能な看護師を育成することを目的とする。

教育目標

  1. 看護の対象である人間を、 統合された存在として理解できる能力を養う。
  2. あらゆる発達段階、健康レベル、生活の場に応じた看護を 専門知識・技術に基づき実践できる能力を養う。
  3. 保健医療福祉チームにおける看護の役割と責任を自覚し、 協働活動ができる能力を養う。
  4. 共感的態度に基づき、 生命、人格を尊重した行動ができる能力を養う。
  5. 研究的態度、自己研鑽の姿勢を持ち、 社会情勢の変化や科学・技術の発達に適応できる能力を養う。
  6. 多様な価値観を理解し、 おもいやりのある心豊かな人間性を養う。
  7. 社会人としての一般教養を身につけ、 対人関係を発展させる能力を養う。

ごあいさつ

学院長 冲永寛子

高い理想と地道な努力を

日本の医療制度は年々変化しておりますが、看護の役割は医療の中で中心的役割を担い続けております。最近は一般の方々や患者さんの医療側への期待はますます大きくなり、高度な医療とともに質の高い看護が要求されております。皆さんが看護の道を選ばれた気持ちは貴重なものです。いつも患者さんの側に立った看護をめざしてほしいと思います。高い理想を持ち地道な努力をされ、皆さんが医療チームの一員に加わる日を大いに期待しております。

学院長
冲永寛子

副学院長 中村清美

看護師になりたい気持ちを忘れずに過ごす3年間

看護師を志した理由の中に、ご自身やご家族が入院された際に出会った看護師さんの印象が強く、職業としてめざした方などがおられます。しかし、看護師の資格を取得するには、多くの知識と技術、そして努力が必要となります。本学院の教職員は、皆さんの看護師になりたい気持ちをサポートし、看護を実践する力、また患者さんに寄り添うことができる看護師を育てたいと、きめ細かな指導を心掛けております。

副学院長
中村清美

沿革

1972 帝京高等看護学院(2年課程)開校。
1979 帝京高等看護学院 第一看護科(3年課程)開校。
従来の進学課程は第二看護科(2年課程)となる。
第二看護科の入学を4月とするため募集中止する。
1980 第二看護科 4月入学となる。
1981 第一看護科の入学定員増の変更許可になる。(60名)
1983 第一看護科の入学定員増の変更許可になる。(80名)
1991 第一看護科の入学定員増の変更許可になる。(100名)
第二看護科の入学定員増の変更許可になる。(50名)
1993 第一看護科の入学定員増の変更許可になる。(150名)
1997 第一看護科の入学定員増の変更許可になる。(160名)
2006 第二看護科廃止。第一看護科の名称を廃止する。