空手道部が第62回全日本大学空手道選手権大会で優勝しました

2018年11月19日

2018年11月18日(日)、日本武道館(東京都千代田区)にて行われた第62回全日本大学空手道選手権大会において、帝京大学空手道部が女子団体形の部で優勝し、9連覇を果たしました。

メンバーの平紗枝さん(医療技術学部4年)、武儀山舞さん(医療技術学部4年)の2人は2年次から決勝の舞台を踏み3年間優勝を守り続け、今回も大きなプレッシャーがかかる中で完璧な演武を見せ有終の美を飾りました。

11連覇をめざした男子団体形は3位、また9連覇をめざした女子団体組手も3位となり、連覇が途切れることになりました。しかし、この連勝記録はしばらく破られることのないすばらしい偉業となりました。また、男子団体組手は9年ぶりとなる優勝をかけて4年生を中心としたメンバーで決勝に挑みましたが、最終の大将戦まで試合がもつれた結果2-3で惜しくも優勝を逃し準優勝となりました。

香川政夫師範からは、「敵は己の中にあり」という言葉を胸に今日の結果を反省し、前を向いてまた一から稽古に励んでもらいたいと話がありました。

この大会を最後に、4年生は引退し新しいチームメンバーとなりますが、4年生の意思は間違いなく後輩に受け継がれますので、引き続き応援をよろしくお願いします。

 

主な成績

■組手

男子団体:【優勝】国士舘大学【準優勝】帝京大学 【第三位】法政大学/京都産業大学

女子団体:【優勝】近畿大学 【準優勝】国士舘大学 【第三位】帝京大学/駒澤大学

 

■形

男子団体:【優勝】同志社大学 【準優勝】駒澤大学 【第三位】帝京大学/国士舘大学

女子団体:【優勝】帝京大学  【準優勝】同志社大学【第三位】駒澤大学/国士舘大学

 

大会の詳細は下記をご覧ください。

 

(写真提供:川本聖哉)

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

当日の様子07

当日の様子08

キーワードで検索