AKF第17回アジアジュニア&カデット、アンダー21空手道選手権大会で空手道部が金メダルを獲得しました

2018年05月16日

2018年5月11日(金)~13日(日)、沖縄県立武道館(沖縄県那覇市)において開催された「AKF第17回アジアジュニア&カデット、アンダー21空手道選手権大会」で男子組手-67kgの中野壮一朗さん(医療技術学部3年)、女子組手-55kgの石合郁香さん(医療技術学部2年)、女子個人形の石橋咲織さん(医療技術学部1年)が金メダルを獲得しました。

アジア28の国と地域から390名が参加した今大会は、カデット、ジュニア、アンダー21の3世代で35種目が実施され、日本は金メダル14個、銀メダル5個、銅メダル5個の合計24個のメダルを獲得するという好成績を残しました。

大会結果は下記をご覧ください。

 

(写真提供/空手道マガジンJKFan)

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

キーワードで検索