帝京大学ちば総合医療センター 酒井博文さん
帝京大学ちば総合医療センター
酒井博文さん

質問1:現在の業務について教えてください。

内科外来で受付業務を行っています。具体的には、問診票の記入や検査の場所の案内、予約の変更や次回予約の受付など、患者さんが受付から帰られるまでをスムーズに行えるようサポートする業務です。受付業務は窓口業務なので、受付時間が過ぎれば、帰りは比較的早く帰ることができます。

質問2:就職活動はどうでしたか?

学生のころは教員になることをめざしていましたが、大学で体育祭の運営に携わる中で、大学職員という仕事に興味を持ち、学生と接点を持てる職業に焦点を絞りました。教育業界では大学の他にも学習塾の企画や広報も志望していました。

質問3:入職を決めた理由を教えてください。

10社余りの企業の面接を受けましたが、その中でも、帝京大学は総合大学ということもあって知名度がありました。板橋キャンパスでの面接でしたが、新キャンパス建築の真っ最中で、これから大きく変わっていくんだろうなと感じたことを思い出します。早い段階で内定をもらい、これも縁と感じ入職を決意しました。

質問4:入職して感じたことはありますか?

入職するまで医療知識がなかったので、とても不安でした。ですが、先輩が本当に親切丁寧に教えてくださり助かりましたし、とても感謝しています。保健医療や医療保険制度のしくみなどは基本から教えて頂きました。外来受付はお昼でも患者さんが絶えず、昼食の交代もみんなで協力し合って乗り切っています。
休日には先輩方と趣味のゴルフに行き悩み事を相談したりと、本当に温かい職場です。

質問5:将来の目標はなんですか?

病院分野でのプロフェッショナルになることです。中堅に差し掛かった中で、これまで携わってきた会計や外来受付以外の部門、例えば入退院や管理部門を経験することで、さらに深く病院の業務を理解できると感じています。
後輩への指導に関して言えば、一歩引いてマネジメントするのではなく、一緒に歩んでいけるような先輩になりたいですね。

質問6:帝京大学職員を一言で表してください。

仕事とプライベートのメリハリがついている方が非常に多いように感じます。勤務中の集中力は目を見張るものがあります。多少なりともストレスを抱えていると思いますが、そのストレス対応が上手いのだと思います。そんな同僚や先輩たちに囲まれているので、職場内の人間関係に悩んだこともないですし、本当に恵まれているなと感じる毎日です。

質問7:帝京大学への入職を考えるみなさんへ一言お願いします。

帝京大学ちば総合医療センターは、最寄り駅から少し離れていますが、自然に恵まれたのどかな場所にあります。その分、患者さんも職員も人間味にあふれ、そんな人たちに囲まれて仕事ができていると感じています。また、職員が一丸となって地域に根ざした医療をめざし、より良い医療を提供しようと日々頑張っています。本当に働きやすい場所ですが、とはいえ、勤務地も働くうえで重要な要素だと思います。どこに重点を置くか、よく自分自身と向き合って、納得がいく就職活動にして下さい!