「平山郁夫と旅するシルクロード―スケッチブックのなかの対話―」を開催しています【総合博物館】

2018年10月16日

帝京大学総合博物館(八王子キャンパス)では、2018年10月13日(土)~12月15日(土)の約2か月間、「平山郁夫と旅するシルクロード―スケッチブックのなかの対話―」を開催します。

平山氏は世界的にも有名な日本画家で、中国、中央アジア、西アジア諸国を取材し、シルクロードとかかわりの深い作品を数多く残しました。

本展示では、平山郁夫シルクロード美術館(山梨県北杜市)が所蔵する平山氏のスケッチやコレクションを通し、シルクロードの雰囲気を感じることができます。

開催初日の10月13日(土)には、オープニングセレモニーとして、同美術館理事長 平山廉氏、本学博物館館長 今村啓爾、同館副館長 鈴木稔がテープカットを行いました。平山理事長からは、実父である平山氏とスケッチの思い出を交えてごあいさつをいただきました。

本展示では、シルクロードを旅する企画展講座、学芸員の企画展見どころ解説も開催されますので、一般の方もご参加お待ちしております。

 

当日の様子1

当日の様子2

当日の様子3

当日の様子4

当日の様子5

当日の様子6